彼を“デキる男”に育てる! 今日からできる「あげまん会話術」を専門家に教わった

2014.7.17 17:30

彼を“デキる男”にするために、必要なのは会話術だった!プロポーズさせニスト・宮 弘智さんの「あげまん養成講座」に潜入、その極意を学んできました。

「あげまん養成講座」を行っているプロポーズさせニスト・宮 弘智さん。謎の“あげまん養成講座”とは? その一部を受けてきました!

前回記事『ポイントは「60分待つ」! 専門家に聞いた「話を聞いてくれない彼」との会話術』では「男性を空っぽ(クリア)にすることが大事」ということをお伝えしましたが、今度は具体的な会話術についてです。
 

男性を“あげる”ための会話とは?

男性のモチベーション、ステータスなどをあげる“あげまん”。そんなあげまんに一歩近づくことができる、男を成長させるための会話術があるそうですよ。

宮さん(以下、宮):女性の会話は問題解決しないというのがあるんですが、男性の会話はほぼ問題解決、結果、結論を求めます。女性は男性の求めるような会話が苦手だったりするんですが、ある質問のキーワードをわかっておけば、それが簡単にできます。

それには「How」、つまり「どうして?」という言葉を使って、彼と会話をするんです。

「今日仕事でこういうことがあって大変だった」と言われたら「どうしたの?」って聞くんです。「上司が嫌な仕事を押してけてきた」と答えた場合、彼としてはそれを解決したいんですが、そこで多くの人は「頑張って」で終わらせてしまうこともあります。このときに、「どうしてあなたにその仕事を任せたのかしら?」って質問するんです。

――すごく具体的ですね!

宮:すると彼は感情的になっているので、まず感情的なことを言います。

「そうだなぁ。あの上司は俺のこと嫌いなんだよ。」
「でも考えてみて?あの上司ってそんなことで任せるかしら?」
「そうだよね」
「じゃあどうしてあなたに任せたのかしら?」
「俺しかできない仕事なんだよね」
「でもどうしてあなたに任せたのかしら?」

と「どうして?」の質問を繰り返していくんです。そうやって聞いていくと「結局上司は俺のこと買ってくれてるんだよね。いや、やるしかないな!」となるんです。こうなると仕事の原動力にもなりますし、彼の気持ちもクリアになります。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング