えんそく 撮影・さわきみのり

5月5日、東京・なかのZERO大ホールにて、えんそくのワンマンライブ『特異点0~Moment&Forever~』が行われた。

えんそくのホームタウンである中野区、そして2014年にはなかのZERO小ホールでのワンマンを行った彼らが、4年後に大ホールでワンマンを行うというのも胸が熱くなる話だ。

昨年秋の赤坂BLITZでのワンマンライブにて「悪の秘密結社・ウシノシタ団」の物語の幕は閉じ、今年3月には片腕に包帯、眼帯、天使の羽etc……、いわゆる「中二病(※正確な意味は説明すると長くなるのでお手元の機械で検索してください)」記号てんこ盛りのアーティスト写真と共にシングル『中二病の救世主』をリリース。

世間的にはすっかりメタ視点でバカにされるものになってしまった「中二病」だが、そこを斜めに構えず全力でやりきるのがえんそくのいいところ。中二病は人類のロマンだもの。

そしてこのワンマンライブの当日、2枚のアルバム『5次元よりの使者(F盤)』『5次元よりの使者(M盤)』を発売。えんそくはどんなネクストステージを我々に見せてくれるのだろうか。

えんそく 撮影・さわきみのり

開演予定時刻の5時55分になるとブザーが鳴り響き、スクリーンに「5月5日5時55分」に「5次元」に突入したという文字列が映し出される。

“新世紀なんて来ない、ボクラの青春も終わらせない”

“新たな宇宙(世界線)が生まれる この「0の瞬間」が これから「永遠に続く未来」のすべての種になる”

そんな、えんそくたちの新たな物語のスタートを想起させる言葉が続いていく。

そして、

“この「瞬間」から共に「永遠」を旅する「5」人目のえんそく”

その後新衣装を纏ったメンバーの写真が映し出される。ミド(B)、クラオカユウスケ(G)、Joe(G)、ぶう(Vo)、……そしてこれまでサポートドラマーだったモリヤマ改め、SIN(Dr)の正式加入が発表されると、観客からは一際大きな歓声が巻き起こる。

重々しくてどこか奇妙なSEの流れる中、幕が開くとメンバーそれぞれがステージ中央でポーズをとり定位置へ。

えんそく・ぶう(Vo) 撮影・さわきみのり

ライブは『中二病の救世主』、『放課後毒電波クラブ』と、『5次元よりの使者(F盤)』『5次元よりの使者(M盤)』収録の曲からスタート。『中二病の救世主』ではクラオカとJoeのギターソロの合間にラッパ片手にステージを動き回るミド。広いホールのステージでのびのびと動き回るメンバーたち。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます