えんそく(撮影・さわきみのり)

ついに来ちゃった、13日の金曜日!

10月13日(金)、東京・赤坂BLITZにて、えんそく史上圧倒的最大単独公演「狂い咲きハルマゲドン」が開催された。

バンドが紆余曲折をへてたどり着いた赤坂BLITZ、前日までの暖かな気候はどこへやら。秋というには肌寒く霧雨が降っている。『惡道に死す』『惡童のススメ』の世界では何かしらの影響で地球の地軸がズレて冬になってしまうという設定にあつらえたようじゃないですか。えんそくちゃん”持ってる”なあ。そんな天気の中でも多くのファンが会場に足を運んでいた。

開演予定時刻が近づき、『惡の秘密結社ウシノシタ団のテーマ』が流れると、フロアは開演前なのに手拍子で盛り上がっていた。そして客電が落ちるとSE『ここで会ったが百年目!!』でライブはスタート。スクリーンに映し出されたぶう(Vo)の独白で今夜の物語は始まる。

「世界が終わる1999年。夏空から何かが降ってきて、何もかもぶっ壊れるハルマゲドンが起きるって。そいつを待っていたら夏が終わっていた。
今夜。あの頃描いていた悪夢で、世界を塗りつぶそう」

「闇に光を灯そう、狂い咲く花のように、夜空の星のように。今、光をかかげよう。」

えんそく(撮影・さわきみのり)

『Sweet Nightmare March』が流れ始めると、ステージに降ろされた白い紗幕に4つのシルエットが浮かび上がる。キラキラしたミラーボールの光も相まって幻想的な光景だ。紗幕が落とされメンバー登場。「赤坂! おかしくなっちまおうな! 遠慮はいらない、踊ろう!」とぶう。 ステージには「惡の秘密結社ウシノシタ団」の旗が掲げられ、フロアはファンの掲げる「光るトレーニングモッシュ棒」のピンクの光でいっぱいだ。

いつもより大きなお立ち台の上でふたりでギターを奏でるクラオカユウスケ(G)、Joe(G)。

えんそく・クラオカユウスケ(G)Joe(G)/(撮影・さわきみのり)

曲の間に再び独白が入る。

「キミがどうしても笑うことができない夜には、自分勝手にムチャクチャをやる悪党たちを思い浮かべてくれ。世界は本当はいつだってボクらのやりたい放題なんだ。

遠足に出かけたまま永遠の旅に出た悪ガキたちは、悪の秘密結社を組織した。キミも怪人や怪獣、アクの秘密結社になって一緒にムチャクチャをやらないか? 今夜僕たちは全てをひっくり返すためにこの世界に戦いを仕掛ける」

「あの頃叶わなかった最悪の結末(最高の希望)を」

えんそく(撮影・さわきみのり)

そして、ワンマンのタイトルが映し出される。

『えんそく史上圧倒的最大単独公演「狂い咲きハルマゲドン」』

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます