『リメンバー・ミー』絶賛上映中 ©︎Disney・Pixar

「ディズニー・オン・クラシック ~春の音楽祭 2018」の東京公演が2018年5月23日(水)東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ)にて開幕しました。

春はガラコン

©︎Disney

毎年、ディズニーの名曲をフルオーケストラとニューヨークのヴォーカリストたちのライブ演奏で贈る大人のための音楽会「ディズニー・オン・クラシック」。

2018年で4回目となった「春の音楽祭」は、秋の「ディズニー・オン・クラシック」とは異なりディズニーの初期作品から旬な最新作まで、バリエーションに富んだ楽曲を、ガラ・コンサート形式で楽しめるプログラムです。

オープニングから「動物たちの謝肉祭」(『ファンタジア2000』)、『魔法にかけられて』の名曲たちを満喫。

フィナーレには『ターザン』が演奏されます。

歌曲数が多くなく、秋の「ディズニー・オン・クラシック」のメイン楽曲に選ばれない映画の音楽をしっかり聴けるのも「春の音楽祭」の魅力です。

目玉は『リメンバー・ミー』

©︎Disney

春に公開されたばかりの最新作も「春の音楽祭」ではたっぷり楽しめます。

ディズニー・ピクサー映画『リメンバー・ミー』からは、「ウン・ポコ・ロコ」やサウンドトラック曲、「音楽はいつまでも」、そして「リメンバー・ミー」。

「リメンバー・ミー」エルネスト・デラクルス・バージョン、ララバイ・バージョン、リユニオンと様々なバージョンの違いがはっきりわかります。

ディズニー映画を音楽の側面から掘り下げられるのが「ディズニー・オン・クラシック」です。

音楽で泣いているのか、映画を思い出して泣いているのか、とにかく涙が止まりませんでした。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます