Yahoo!圧勝の裏に意外な事実!? ユーザーが求める「理想のTOPページの条件」とは

スマホが普及したとは言え、みんなやっぱり使っているパソコン。今回はブラウザ・検索サイトなどのパソコン環境についてアンケートを実施しました。そこから見えてきた現代日本人のパソコン利用の実態とは?

年々スマホの普及が進んでいますが、やっぱりパソコンも便利なもの。携帯用にスマホを使い、自宅や仕事場ではパソコンを使うというように、シーンによって使い分けている人も多いのではないでしょうか。

では最近の日本人は、パソコンをどのように使っているのでしょうか? 株式会社ネオマーケティングで、自分用のパソコンを持っている全国の20代~50代600名(男性300名/女性300名)を対象に「パソコンの利用に関するアンケート」を実施しました。
 

毎日パソコンを使う人が未だに約9割

まずは対象となる600名に「あなたが、パソコンを使う頻度をお答えください」(単一回答)と尋ねたところ、「毎日」と回答した人は、50代93.4%、40代90.0%、30代86.7%、20代81.3%となりました。

年齢が低いほど、使用頻度も下がっているようです。確かに若者のあいだでは、スマホだけで事足りるという考え方もあるみたいですね。

とは言え全体的には「毎日」87.8%、「週1日以上」96.6%と、パソコンの使用率も未だに高く、まだまだパソコンを日常的に使っている人が大半のようです。
 

年齢が若くなるほどIE使用率は減少し、Chromeが増加

続いてはインターネットブラウザに関する質問。「あなたが主に使っているブラウザを教えてください」(単一回答)と尋ねたところ、1位が「Internet Explorer」の54.7%、続いて2位が「Google Chrome」、3位が「Firefox」という結果になりました。一時脆弱性が話題になったIEですが、根強く浸透しているんですね~。

年代別では、年齢が若くなるほどIEの使用率は減少し、Chrome使用者の割合が増加する傾向が。若い世代ほどスマートフォンの保有率も高くなるため(※)、「スマホとの親和性」が重要視されているようです。

※ 博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンターによる「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」(2014年4月11日発表)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング