スーパーやコンビニなどをはじめ、独自ブランドであるプライベートブランド(PB)の存在感も大きくなってきましたね。

PBは、小売店や卸業者が企画の段階から商品開発に参加しているので、こだわりのあるものもたくさんある印象です。

今回僕、隼人が注目したのは、スタイリッシュな「マツモトキヨシ」のPBです。

「マツキヨらしさ」とは

マツキヨは、言わずと知れた大手ドラッグストアの草分け的存在ですね。1990年代には黄金期を迎えていましたが、価格訴求型のマーケティングを行っていたこともあり、安さのイメージ「マツキヨらしさ」が失われていたのだそうです。

そこで、コンサルティング会社でPB商品のブランディングを手掛けていた乙幡氏をマツキヨに迎えて、議論を重ね、「毎日の暮らしをより美しく、健やかに、楽しく彩る、アイデアを利かせたブランド」をコンセプトに、品質へのこだわりだけではなく、毎日携帯したくなるようなかわいいデザインや、お部屋に置きたくなるようなおしゃれなデザイン、マツモトキヨシらしい斬新さ」を備えたPB「matsukiyo」が2015年に誕生しました。

マツキヨのスタイリッシュなPB、モノトーンライン

マツキヨには、スタイリッシュなモノトーンのPB製品があるんです。

乙幡さんになぜ、モノトーン商品を多く作ったのか伺ったところ、こんなお話を教えてくださいました。

乙幡さん「matsukiyoブランドのデザインのコンセプトは「シンプル&ファッショナブル」です。各商品カテゴリーや特性によってデザインコンセプトが違うのですが、特に各ご家庭の目につきやすいところに置かれる食品や日用品については、とりわけシンプル&ファッショナブルなデザインを心掛けております。

ドラッグストアにある多くの商品は、店頭で目立たせるためパッケージに多くの情報を入れているので、どうしても派手でチラシ的なデザインになる傾向があります。

ですが、ご家庭で置いたり、利用したりすることを想定するならば、必要最低限の情報で良いのではないかと考えました。以前のPB商品はチラシ的なデザインの商品が多かったのですが、お客様や従業員から「NB商品と間違えてしまう。マツモトキヨシらしい商品を作って欲しい」と、要望があり、それが実現しました」

デザイン賞受賞商品も!マツキヨのモノトーンライン

マツキヨのモノトーンラインは、歯ブラシなどの日用品からコスメまで多岐にわたっています。

いくつかご紹介していきますね。

ラジカセトイレットペーパー

ラジカセデザインのトイレットペーパー

トイレットペーパーを持ち帰るのは、なかなか恥ずかしいもの。そんな消費者の悩みを汲んだ「matsukiyo」のデザイン性に富んだトイレットペーパーは、なんと「iFデザイン賞2018」を受賞しています。

ラジカセデザインで、カッコいいトイレットペーパーですね。

トイレ用消臭スプレー

トイレ用消臭スプレー

トイレの臭いを瞬時に消臭してくれるスプレー。アルコールと銀の抗菌力で臭いの元をつくり出す菌の繁殖を抑制し、悪臭の発生を抑え、トイレを清潔・快適に保ちます。

4人家族の場合、1回1秒のスプレーで約1か月使用できます。無香料タイプです。

洗濯槽クリーナー

洗濯槽クリーナー

洗たく槽は清潔に保つため、1~2ヶ月ごとの定期的な使用が効果的といわれていますね。マツキヨの洗濯槽クリーナーは、塩素系強力液体タイプなのですばやく汚れに浸透して、洗たく槽の裏側の隠れたカビや洗剤カスを根こそぎ落としてくれます。

除菌・消臭効果で清潔な状態を保ちます。全自動、乾燥機能付き全自動、ドラム式、二槽式に対応しています。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます