日本マイクロソフト、新「Office」の発売記念イベント、小林麻耶・麻央姉妹が登場

2014.10.17 16:17配信
PCメーカーも駆けつけて新「Office」をアピール

日本マイクロソフトは、10月17日発売の新しいオフィスソフト「Office Premium プラス Office 365 サービス(Office Premium)」、1年ライセンスのサブスクリプションサービス「Office 365 Solo」の発売記念イベントを開催した。

マーケティング&オペレーションズ担当の平野拓也執行役専務は「『Office Premium』『Office 365』は、ともに日本限定で提供する。また、世界でみても日本は『Office』のプリインストール率がとても高い。10月17日には『Office Premium』をプリインストールしたPCが、各PCベンダー様から多数発売される」と話した。

「Office Premium」は、永続ライセンスと1年間有効の「Office 365サービス」をセットにしたもの。「Office Premium」はパートナーであるメーカー各社のPCとマイクロソフト製タブレット端末「Surface Pro 3」にプリインストールして提供する。「Office」には、「Office Personal Premium」「Office Home & Business Premium」「Office Professional Premium」の三つのエディションがある。

「Office 365サービス」は、1TBのオンラインストレージ「OneDrive」、「Skype」の月間60分無料通話(公衆回線向け)、無償サポート「アンサーデスク」を1年間無償で提供する。2年目以降も継続して利用する場合は、「Office 365サービスOffice Premium 搭載パソコン専用」(税別参考価格5800円)を購入することで、サービス部分の利用期間を1年間延長できる。

一方、「Office 365 Solo」はすでにPCを持っているユーザー向けで、「Office」の1年ライセンスと1年間有効の「Office 365サービス」をセットにして提供する。契約期間中は最新版の「Office」デスクトップアプリケーション(PCまたはMac向け合計2台)を無償で最新版にアップデートできる。税別参考価格は1万1800円。

また、新「Office」発売日の10月17日には、NEC、東芝、富士通などのPCメーカーが「Office Premium」をプリインストールしたPC秋モデルを発売する。

イベントには特別ゲストとしてフリーアナウンサーの小林麻耶さん、タレントの小林麻央さん姉妹が登場。最新のネットサービスについて、「ウェブ上で交換日記ができるとうかがったので、私も未来のダンナ様がもし近くに来てくれたら、交換日記をしたいな」と麻耶さんが話すと、妹の麻央さんは「みつかるといいね。いっしょに探そうね」と励ました。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング