iPhone 6/iPhone 6 Plus 最新情報 特集&まとめ

【iPad Air2 / iPad mini 3実機レビュー】新しいiPadはここが違う! 先行タッチ&トライレポート

2014.10.18 10:30

ついに発表となった「iPad Air2」と「iPad mini 3」。色は? 薄さは? 性能は? 発売に先駆け、いち早く行われたメディア向けタッチ&トライの模様をレポート。新しいiPadは、ココが違う!

アップルは日本時間の10月16日の深夜、新しいiPadシリーズを発表しました。今回のiPadで最も分かりやすい特徴は、先月発売されたiPhone 6シリーズと同様に薄くなったことです。では、その使い勝手はどうなのか、17日に開催されたメディア向けのタッチ&トライで実際に新しいiPadを触ってきました。
 

iPad Air2とiPad mini 3が登場、iPad Air2はより薄くなった!

新しく登場した9.7インチディスプレイのiPad Air 2(右)と、7.9インチディスプレイのiPad mini 3(左)。 拡大画像表示

まずは新製品のラインナップを紹介しましょう。今回登場したのは、9.7インチディスプレイのiPad Air 2と、7.9インチのiPad mini 3の2機種です。

大きな変更があったのはiPad Air 2のほうです。処理速度の決め手となるCPUが強化され、最新のApple A8X+M8モーションコプロセッサに変更されました。また背面のiSightカメラは800万画素にスペックアップし、iPhone 6と同様に連写できるバーストモードやタイマー撮影が使えるようになっています。

動画機能も変更があり、120fpsの滑らかなスローモーション撮影が可能です。前面のFaceTimeカメラも解放値がF2.4になるなど性能が上がっています。iPhone 6にも搭載された気圧計も搭載されました。

 

厚さの比較。右が6.1mmのiPad Air 2で、左が7.5mmのiPad mini 3。 拡大画像表示

最も大きな変更と言えるのは、iPad Air 2の本体の厚さが従来の7.5mmから6.1mmになり、薄くなったことです。これは先月発売されたiPhone 6 Plusの7.1mm、iPhone 6の6.9mmよりも薄いということになります。

 

iPhone 6 Plusと比較したところ。iPhone 6 Plusの7.1mmよりもわずかに薄いことが分かる。 
拡大画像表示

人気記事ランキング