ノリノリのインド発エンタメ続々! インド映画祭「IFFJ」&「ディワリ・イン・ヨコハマ」レポ

2014.10.22 17:30

現在、日本に続々とやってきているインド発のエンターテイメントを大特集! インド映画祭「インディアン・フィルム・フェスティバル・ジャパン」と、インド文化を楽しむイベント「ディワリ・イン・ヨコハマ」をレポートします。

”ロミオ”・ラージクマール

今回のテーマは、インド発エンターテイメント!現在、日本に続々とやってきているインド発のエンターテイメントを大特集します。最近、日本で何本ものインド映画が一般公開されているのをご存知でしょうか?世界一の映画大国とも称されるインドからやってくる映画は多種多彩。歌と踊り満載のエンターテイメント作から、心温まるヒューマンドラマも続々公開されています。

 

 

自分がこの夏劇場で見てガツンと来たのが『ダバング大胆不敵』。ともかく型破りだけれど情には厚い警官”ロビンフッド”・パンデーの大活劇!主演のサルマン・カーンの魅力もさることながら、爽快感と破天荒さに満ちたアクションシーンも最高なんです。ヒロイン役のソーナクシー・シンハーも素晴らしい美女だったし、上映中にクラッカーも手拍子もダンスも何でもアリ!の“マサラ上映”で見れたのも印象深かったですね。

その後、動画サイトでも人気のNTRJr.が主演する『バードシャー テルグの皇帝』を劇場で見たり、サルマン・カーンのヒット作『タイガー 伝説のスパイ』やハエに転生した男が復讐を果たす怪作『マッキー』をDVDで鑑賞などなど、インド映画にハマりまくってしまいました。

インド映画=ボリウッドというわけではなく、国中でいろいろな言語の映画が制作されていることも知りました。90年代にインド映画ブームを巻き起こした『ムトゥ 踊るマハラジャ』(劇場で3回見ました!)は北部のボリウッド映画(言語はヒンディー語)ではなく、南部のタミル語映画だと今更学んだり…。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング