自分にはどんな“口ぐせ”があるか、意識したことはありますか? 特に、意中の男性と一緒に過ごしているときやLINE・メールなどをしているときなど、どんな言葉をよく使っているでしょうか。

今回は、男性たちに「いいな」と思う女性の口ぐせについて聞きました。どんな口ぐせだと男性は嬉しい気持ちになるのでしょうか。落としたい男性がいる方にとって参考になる声をまとめました。

1.「幸せ」

「今付き合っている人が、『一緒にいられて今日も幸せだった』『幸せな週末だった』とか、僕と一緒に過ごした時間を『幸せ』って言うんです。それが僕自身をものすごく幸せにしてくれます(笑)。

そこまで言い切ってくれると安心しますよね。それにかわいいなと思います。極上の褒め言葉というか、受け取った相手をも幸せにする、パワーのある言葉じゃないでしょうか」(35歳/PR)

「楽しい」「楽しかった」という口ぐせも良いけれど、「幸せ」「幸せだった」という口ぐせは、さらにその上をいく印象があります。

まだ付き合っていない相手に対して使うことで、「これからも一緒にいたい」という思いを伝えることもできそうです。

2.「好き」

「『◯◯君のそういうところ、好きだな』みたいに、何気ない会話の中で『好き』という言葉を織り込んでくる女性がいました。普通にドキッとしちゃいますよね(笑)。

単純かもしれませんが、自分を受け入れてくれている、肯定してくれている感じがして、安心もします。気になる相手から言われると、確実に意識してしまう言葉なのかなぁと思います」(30歳/経営者)

直接「あなたのことが好きです」と伝えるのは難しくても、部分的に「好き」を伝えるのはそれほど大変なことではなさそうです。

「◯◯なところが好き」など、相手の一部や特徴を切り取って、口ぐせのように使ってみるのも賢い方法。

3.「嬉しい」

「前に付き合っていた女性の口ぐせが『嬉しい!』でした。僕がデートの提案をしたり、彼女のファッションを褒めたりすると、最初に出てくる言葉が『嬉しい!』だったんですよね。

好きな人が喜びを表現してくれて、嬉しくない男はいないと思います。別れて1年以上経ちますが、素直な感情表現ができる人で、すごく魅力的な人だったと感じています」(27歳/メーカー)

先日放送が終わった『バチェラー・ジャパン シーズン2』でも、「嬉しい!」という口ぐせが頻繁に飛び交っていました。人の感情は読めないからこそ、「察して」というのは無理。

嬉しいなら嬉しいと、気持ちを言葉にすることで、相手の不安は払拭できます。「この女性は自分といて嬉しいんだな」と、男性は次に進むための勇気を持てるのです。

嬉しいと感じたときは、その気持ちを素直に言葉にしてみてください。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます