【詳細解説】TDLファンタジーランド2倍の広さでリニューアル&TDS8つ目のテーマポート開発検討へ

2014.10.30 17:30

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの大規模リニューアル、新規開発の構想が発表されました。TDLファンタジーランドは約2倍の広さで刷新、TDSロストリバーデルタ南側に8つ目のテーマポートを登場させる計画です。導入時期は2017年4月以降となります。

  東京ディズニーランド「ファンタジーランドの再開発」(イメージ)©Disney

東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの大規模リニューアル、新規開発の構想が発表されました。

TDLファンタジーランドは約2倍の広さで刷新、TDSロストリバーデルタ南側に8つ目のテーマポートを登場させる計画です。導入時期は2017年4月以降となります。

 

©Disney

ファンタジーランドがリニューアル! 現在の約2倍の規模に

ファンタジーランドが再開発されます。東京ディズニーランド史上最大の追加投資という大事業になります。

現在のファンタジーランド全域が刷新されるほか、トゥモローランドとバックステージの一部もファンタジーランドに含めるエリア拡張。複数の大型アトラクション、商品店舗、飲食店舗等が登場します。

“新ファンタジーランド”は2017年以降に登場する計画です。

 

“新ファンタジーランド”には何が来る?

刷新対象となる可能性がある「スタージェット」©Disney

ファンタジーランドをリニューアルさせる事業は、既にアメリカ・フロリダのウォルト・ディズニー・ワールド、マジックキングダムで行われています。

ここでは、ファンタジーランドの刷新はもちろん、ファンタジーランドの裏にあったバックステージ、さらにトゥーンタウンを拡張エリアとしました。

東京ディズニーランドではトゥーンタウンではなく、トゥモローランドを拡張エリアにしています。

このマジックキングダム版“新ファンタジーランド”では、「美女と野獣」や「リトル・マーメイド」をテーマにしたエリアが登場しました。

美女と野獣ではベルとのグリーティングが楽しめる施設や、お城の晩餐会が楽しめる「ビー・アワ・ゲスト・レストラン」、さらにガストンがいる町の風景まで再現。

また、「空飛ぶダンボ」が大型化し2台稼働になるなど、人気アトラクションも拡充。

さらに、白雪姫の七人のこびとが主役のジェットコースター「七人のこびとのマイントレイン」が作られています。

日本では「リトル・マーメイド」のエリアが既に東京ディズニーシーのマーメイドラグーンにありますが、「美女と野獣」や「白雪姫」の世界が楽しめるようになるかもしれません。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント