「横浜市立図書館」の蔵書が年間“2万冊”不明! 現状の対策とは

横浜の市立図書館の蔵書が年間で2万冊近く持ち去られ、行方不明になっていることが判明した。対策などはしているのだろうか? 横浜のマニアックな情報をお届けしている「はまれぽ」が調査しました。

横浜市立図書館の蔵書が年間で2万冊近く不明になっているというけど、対策などはしているの?(はまれぽ編集部のキニナル)

 

年間1万9000冊が不明!?

話題の本をその場でも、借りて自宅で読めたり、ちょっと調べものをしたり、なにかと便利な図書館。

横浜市には18の市立図書館があり、その蔵書は約400万冊。しかし、そのうち毎年約1万9000冊が持ち去られて行方が分からなくなっていることが判明した。

市立図書館の蔵書は、市民が読み終えた本を寄贈してくれるものもあるが、多くは税金で購入したもの。それがなくなっているとなるとはどういうことか。早速話を聞いた。
 

対応してくれた坪内課長

対応してくれたのは、横浜市教育委員会事務局中央図書館企画運営課の坪内一課長。

坪内課長によると、市内の図書館で毎年新たに購入する書籍の約7割が税金で購入したもので、残りは読み終わったものを市民が提供してくれる「寄贈」という内訳となっているという。
2013(平成25)年度は書籍の購入のために年間1億5000万円程度を計上しており、約9万8000冊を購入。寄贈本も5万冊ほどあった。

 

市内の図書館では年に1回3日間ほどかけて蔵書点検を行っているが、本来書架になくてはならない「不明書籍」が出てくる。これは全体の書籍の0.5%ほどで、全国的にも同規模の割合の書籍の行方が不明になっていると坪内課長は言う。

不明書籍は次年度の蔵書点検で戻ってきているケースもあるというが、3年以上経過しても見つからない場合は「不明除籍図書」として、データベースから除籍する。前述の1万9000冊というのは、この「不明除籍図書」のことで、税金で購入した書籍が2万冊近くなくなっていることを意味する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング