子どもがある程度大きくなり、昼間の時間を持て余すようになると思うのが「そろそろ働こうかな~」というもの。最初からフルタイムは仕事と家事・育児の両立が不安ですが、パートなら何とかなるかもと思うママは多いですね。

例えば10時から15時までという短い時間であれば、子どもが幼稚園であっても働けますし、小学生でも帰宅時間には家に居られることからママにとってパートは最適ですが、そのパートの求人情報、どこを見て何を基準に選んでいるのでしょうか。

「自宅から近い」「時給が高い」「過去のキャリアが活かせる」など、選ぶ基準は人によってさまざまですが、こういう求人情報には気を付けた方が良いというママの声はたくさんあります。

今回は、実際に求人情報を見て働き始めたが「実際は違っていた」という経験をしたママ達に、ママが引き寄せられやすいパート求人について聞いてみました。

こんな言葉に安心しませんか? しかし実際は・・・

アットホームな社風

「少人数でみんな仲が良い!アットホームな社風です」といったキャッチフレーズと共に和気あいあい的な写真でアピールする求人広告をよく見かけます。

自宅から近くで時間も選べ、事務職希望だったNさんは、応募して働き始めたそうですが、行ってみたらビックリすることばかり。入社歴が長いお局的なおばさんが職場を仕切っていて、他の社員はそのお局さんの言いなりだったそうです。

そのお局さんはファミリー経営社長の奥様だったようですが、奥様の機嫌次第でその日の職場の雰囲気や仕事の内容が変わり、1日中無駄なおしゃべりに付き合わされたり、雑用で買い物ばかりに走らされたりしたこともあったとか。

「アットホーム」という言葉は、主婦であれば安心しやすい言葉ですが、注意が必要な場合もありますね。

20代、30代が活躍中

自分はまだ30代だし、大丈夫かな~と思い、自宅からもそんなに遠くなく、希望の職種だったため応募して働き始めたというHさん。

面接では30代もいると聞いていたので安心していたそうですが、実際に行ってみたら20代独身の若い子ばかり。休憩室での会話も恋話や噂話ばかりで、全く入れずにいたそうです。

30代の人はどこに・・・と思っていたら、その30代は正社員だったようで、結局30代でアルバイトは自分1人だけだったため、馴染めず浮いていたのだとか。

社員とアルバイトの年齢構成も、面接の際にしっかり聞いておくと良いですね。

誰でも簡単にできます

少し教えてもらえば誰でも簡単にできてしまう「単純作業」や「軽作業」は、過酷な労働であることが多いというのは、食品の生産ラインでパートをしていた経験があるというTさん。

最初は「1時間に1回は休憩を入れてください」と言われていたものの、実際はお昼休み以外1回も休憩はなく、ずっと立ちっ放し。さらには会話も禁止で黙々と作業に没頭するしかない環境だったと言います。

確かに誰でも簡単にできる作業ですが、さすがに休憩なし、会話なしでは楽しくはなく、その後も考えてしまいますね。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます