ヴァル研究所、乗り換え案内ソフト最新版「駅すぱあと(Windows)2014年12月」、冬の臨時列車情報を収録

2014.11.17 16:1配信
「駅すぱあと(Windows)2014年12月」

ヴァル研究所は、乗り換え案内ソフトの最新版「駅すぱあと(Windows)2014年12月」を12月4日に発売する。税別価格は3500円。

JRグループ各社の冬の臨時列車情報、鉄道各社の最新ダイヤ改正情報、消費税増税後の改定運賃などを収録。新たに、箱根登山鉄道箱根ケーブル、箱根ロープウェイ、箱根海賊船、芦ノ湖遊覧船を収録した。

収録交通機関は、鉄道が約160社・約9200駅・約1100路線、航空が21社・87空港・約240路線、船が約740港・約460路線、深夜急行バスが約50路線、連絡バスが約360路線、高速バスが約3080停留所・約720路線、路線バスが214社・約11万2520停留所、約2万3110路線、コミュニティバスが164自治体・約1万8580停留所・約1570路線。

運賃改定に伴うIC乗車券向けの1円刻み運賃にも対応し、普通乗車券とIC乗車券の料金の違いを確認できる。また、全国鉄道時刻表を本形式で見ることができる。対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング