アルルカン・暁/lynch.葉月 撮影・川島彩水

6月10日東京・TSUTAYA O-EASTにて、アルルカンとlynch.の2マンライブ「laughing in the dark」が開催された。

かねてから、自身らのルーツにlynch.の名前を挙げていたアルルカンにとっては待望の共演となる。また、今年幕張メッセでのワンマン公演を成功させ、「LUNATIC FEST. 2018」出演など、さらに飛躍を遂げようとしているlynch.にとっても、イキの良い後輩からの挑戦状は刺激的なものであることは間違いない。

バンド側だけでなく、フロアは双方のバンドTシャツをまとった観客たちで、2Fエリアまでギッシリと埋め尽くされ(なおどちらのバンドTシャツも”黒い”)、このイベントのファンの方にも心地よい緊張感が充満し、”戦闘準備完了!”といった雰囲気だ。

lynch.

lynch.・葉月(Vo) 撮影・土屋 良太(ARTOY)

先陣を切ったのはlynch.。

SEの流れ、オーディエンスからは手拍子で迎えられる中、玲央(G)、晁直(Dr)、明徳(B)、悠介(G)が登場。そして徐々にせり上がってくるバンドのバックドロップ。最後に葉月(Vo)がステージ中央にあらわれ、「lynch.です! よろしくお願いします!」と挨拶。

1曲目は『EVOKE』でスタート。サビではオーディエンスとのワンマンさながらの熱唱を見せつけ、「ようこそ! 処刑台へ! 暴れる準備はできてるな?」という葉月の声から『GALLOWS』、そして『I'm sick, b'cuz luv u.』、『THE OUTRAGE SEXUALITY』と怒涛のハードナンバーを繰り広げていく。

lynch.・玲央(G) 撮影・土屋 良太(ARTOY)

MCでは、まずアルルカンへのお礼の言葉を述べ、「(アルルカンのメンバーは)ものすごいlynch.が好きみたいですね。嬉しいです、本当にありがとうございます」と感謝を重ねる葉月。

続いて、「アルルカンのファンは”ダメ人間”と言うんですか?」と始まり、暁(アルルカン・Vo)と祥平(アルルカン・B)による、このイベントへの意気込みのツイートを読み上げる。そしてそこで使われている”ダメ人間”という呼称に「”ダメ人間”って……、女性にはもっと優しくしないとダメですよ?」とコメントし、会場を和ませる。

アルルカンとlynch.のファン双方を煽りながら「ここにいる全員が盛り上がれる曲を!」と、アルルカン『リビドー』のカバーを披露。これはどちらのファンも盛り上がらざるを得ない。O-EAST中がぐわんぐわん揺れる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます