【TDL】「パートナーズ像」にまつわる3つの物語 シンデレラ城を背に立つウォルト・ディズニーとミッキーマウスの銅像

2014.12.15 10:30

数多くの作品やキャラクターをこの世に生み出したウォルト・ディズニー。彼の誕生日は1901年12月5日、そして彼が亡くなったのが1966年12月15日のことでした。今回はそんな稀代のクリエイターであるウォルトを感じることができる、東京ディズニーリゾートの場所、パートナーズ像とストーリーテラーズ像を紹介します。

東京ディズニーランドのパートナーズ像 ©Disney

数多くの作品やキャラクターをこの世に生み出したウォルト・ディズニー。

彼の誕生日は1901年12月5日、そして彼が亡くなったのが1966年12月15日のことでした。

今回はそんな稀代のクリエイターであるウォルトを感じることができる、東京ディズニーリゾートの場所、パートナーズ像とストーリーテラーズ像を紹介します。

 

©Disney

 

1. 開園当初はなかったパートナーズ像

東京ディズニーランドのワールドバザールの大屋根をくぐると、目の前にシンデレラ城が見えてきます。その正面に立っているのが「パートナーズ像」。

これは晩年のウォルトと手をつないでいるミッキーマウスの像です。

実はこれ、開園当初はありませんでした。東京ディズニーランドの開園15周年を記念して、ウォルト・ディズニー・カンパニーから、株式会社オリエンタルランドに贈られたものなのです。

 

カリフォルニアのディズニーランドにあるパートナーズ像 ©Disney

もともとのパートナーズ像は、1993年11月18日にアメリカ・カリフォルニアのディズニーランドに作られました。

11月18日といえば、ミッキーマウスのスクリーンデビューの日であり誕生日でもあります。この日はミッキーマウスの65回目の誕生日でした。

 

2. パートナーズ像はミッキーがウォルトの亡くなった65歳を迎える記念に作られた

マジックキングダムのパートナーズ像
拡大画像表示

では、どうしてこの日にパートナーズ像が作られたのでしょうか。

実はウォルトが亡くなったのは65歳のとき。ミッキーマウスがウォルトの亡くなった65歳と同じ年を迎えるということを記念して、この像が作られたのです。

ウォルトと手をつなぐミッキーマウス。ウォルトにとってミッキーマウスは自らが生み出したキャラクターであると同時に、初代声優を務めるなど彼の分身でもありました。

そんなお互いにかけがえのないパートナーであるウォルトとミッキーマウスを象徴して、この像は生まれました。

その後、1995年6月にアメリカ・フロリダのマジックキングダムにも同じ像が作られました。

東京ディズニーランドにパートナーズ像が作られたのは、1998年4月15日。

ディズニーランドやマジックキングダムと同様に、城を背にしてパークへ入ってくるゲストを笑顔で迎えています。

パートナーズ像はディズニーランド、マジックキングダム、東京ディズニーランド以外にも、フランス・パリのウォルト・ディズニー・スタジオ・パーク、アメリカ・カリフォルニアのディズニー本社にもあります。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント