【TDR】1年で一番ガラガラのパークを楽しむなら今! 2015年1月混雑対策まとめ

2014.12.27 10:30

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの2015年1月の混雑傾向の解説です。1月は、年間で一番入園者数が少ない閑散期です。お正月の混雑状況、狙い目の期間、『アナと雪の女王』イベントの影響ほか、休止アトラクションなど注意すべき事項とともに、混雑予想をお伝えします。

©Disney

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの2015年1月の混雑傾向の解説です。

1月は年間で一番入園者数が少ない閑散期です。アトラクション乗り放題、ショーやパレードを待つ必要も無く見放題、それくらいガラガラになる夢のような期間です。

お正月の混雑はいつまでか、いつからが狙い目なのか、「アナと雪の女王」イベントの影響、そのほか休止アトラクションなど、注意すべき事項とともに混雑予想をお伝えします。

 

三が日は激混み! お正月の混雑は1月6日までを目安に!

年間で一番入園者数が少ないのが1月です。
そのためパーク内はガラガラで、閑散期となりますが、その閑散期がスタートするのはお正月の混雑が終わってからになります。

年始の東京ディズニーランド・東京ディズニーシーは近年、非常に混雑しています。

2013年は1月3日(金)に、2014年は1月4日(金)に、それぞれ両パークで入園制限がかかるほどの混雑になりました。

2015年も1月2日(金)と3日(土)をピークに、入園制限レベルの混雑になることが予想されます。

元旦からパークに行く人はそう多くないため、1月1日は例年、普通の土日程度の混雑になっています。

1月4日以降は徐々に混雑が落ち着いていき、1月6日頃にはかなり空くと思っていいでしょう。

小中高校の始業式は1月8日というところが多いため、パークがガラガラになるのはこの前後を目安にすると良いと思います。

なお、お正月の前売り券(日付指定券)はディズニーストアでも完売の日が既に多く出ているので、注意が必要です。

ディズニーストアにおける前売り券(日付指定券)の売り切れについて|東京ディズニーリゾート

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

「ディズニー特集」人気動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント