可愛らしい「かまってちゃん」と、鬱陶しい「ワガママ女」は、男性から見て紙一重です。

女性は「私は彼氏から、かわいいかまってちゃんだと思われているはず」と思っていても、彼は「なんてワガママな女なんだ!」と感じていることもたびたびあります。

そこで今回は、男性たちに聞いた「可愛いかまってちゃん」と「ドン引きワガママ女」の境界線を4つご紹介します。

1. 謙遜上手 or マイナス思考

「僕がなんとかしてあげなくちゃって思う“かまってちゃん”は、謙遜上手な女性が多い気がします。

それに対して、うざいワガママ女は、謙遜って言うよりマイナス思考が強い子が多くないですか?

上手に謙遜できる子には色々してあげたくなっちゃうけれど、“私なんて●●だし”とか言いながらマイナス思考全開で話してくる子って、むしろ『私がこんなに困っているんだから、あなたがなんとかしてよ!』って強要されているように聞こえちゃう」(38歳男性)

なにかをしてほしい時、控えめに要望を伝えられる“謙遜上手”な女子と、控えめなつもりがワガママに聞こえちゃうマイナス思考では、男性の受け取り方もかなり変わってきます。

同じことを伝えるのでも、言い方によって印象が変わることってよくありますよね。

2. 拗ねる or ガチギレする

「かわいいかまってちゃんは、拗ねている表情がかわいい。

それに対して、ただのワガママな女は、思い通りにならないとガチギレする。

かわいいなって思うかまってちゃんな子には、拗ねた顔が見たくてわざとちょっかいを出しちゃうこともありますね。

でも、ガチギレ女のキレ顔は怖すぎるんで(笑)、そういうタイプの女には腫れ物に触るように扱っちゃうなぁ」(30歳男性)

思い通りにならないことがあったときに、拗ねて意思表示をする女の子は「かわいい」と思ってもらえても、本気でキレてしまう女性は「怖い」と思われがちなのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます