Negicco連続スペシャル、最終回となる今回は、Negiccoがこの夏出演したふたつの“祭り”をレポートします。

ひとつは、「まつり湯特別企画(祝)15周年おめでとうNegicco大生誕祭」レポート。スーパー銭湯「浅草まつり湯」は、Negiccoにとって大きな転機となるきっかけを作った思い出の会場。10周年記念イベント以来、5年ぶりとなる登場です。

そしてもうひとつは、世界最大のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL2018」(TIF)レポート。アイドルの祭典の最終日に、Negiccoはメインステージ「HOT STAGE」と、TIF名物の天空ステージ「SKY STAGE」の大トリを務めました。

かたや、当選したファンクラブ会員だけが参加できるクローズドな生誕祭、もう一方は世界中からアイドルファンが集結する巨大フェス。客層も規模も正反対なふたつの祭りを、Negiccoはどのように駆け抜けたのでしょうか? では、いってみましょう!

ファン感涙の生誕祭! 5年ぶりの浅草まつり湯イベント

台風迫る中、聖地にNegiccoファンが大集結!

この日、関東地方には台風が接近中でした。雨風が時折強くなる中でも、浅草は観光の皆さんで大混雑。そんな浅草は、Negiccoにとってはなじみ深い場所。浅草ROXにあるスーパー銭湯「浅草まつり湯」でのイベントは、新潟での地道な活動が多かったNegiccoにとって貴重な都内イベントでした。

そんな貴重なイベントに足を運んでいたのが、TOWER RECORDSの社長を務める嶺脇氏。Negiccoが、嶺脇氏が設立したT-Palette Recordsに所属し、全国にCDをリリースしてからの快進撃は、皆さんご存知の通り。まつり湯は、Negiccoにとって運命を変えた場所だと言えるでしょう。

去年開催された14周年記念イベントは、浅草寺の真裏にある雷5656会館で開催されましたが、5年前の10周年イベント、そして15周年の今年は聖地ともいえるまつり湯で開催。そして生誕祭に参加できるのはファンクラブ会員、しかも当選した方のみという、かなりプレミアムなイベントでした。もちろん台風接近中でも、この機会を逃すわけにはいきません。会場は大賑わいです!

5年ぶりの大宴会には、懐かしのあの人も登場!

いよいよ開演時間。まずは、Negicco所属事務所EHクリエイターズの社長、熊さんこと熊倉さんがご挨拶します。5年ぶりのまつり湯イベントということで、やはり気になるのは5年後の20周年イベントのこと。「5年後のことはわかりません! でも皆さん、健康でいなきゃいけないですよ!」と。熊さんも、いつまでもお元気でいてください!

イベント開始時間になると、壇上には落語家の立川吉幸(きっこう)師匠が登場。5年前のイベントにも出演、それ以前のまつり湯イベントにNegiccoが出演していた頃から司会をされている方です。いやはや、お懐かしい! ファンの皆さんからも大人気で、折々に「キッコー! キッコー! キッコー!」の大声援。さらっと「無駄な盛り上げ、ありがとうございます」と返されるのが粋です(笑)。

ここで吉幸師匠、おもむろに「こんな日だからおめでたい話をしなくちゃいけませんね。えー、タイトルは<呪われた家族>」と語り始め、お約束の大人な小噺を披露。会場の爆笑を誘っていました。この日の楽しい雰囲気づくり、吉幸さんがかなり担ってくださっていましたね。

Negiccoは人間国宝でパワースポット? そして久々のガチ獅子舞!

そんなMC吉幸師匠に呼び込まれ、Negiccoが登場します。15周年をバースデーケーキで祝ったのですが、なかなかロウソクが消えないのもご愛敬。最後までふーふーしているMeguさんがとってもキュートでした。

吉幸師匠がNegiccoを「アイドル国宝」と呼んでいたのが印象的でした。その道を長く続けることは、本当に尊いこと。先日のインタビューでも、人間国宝となった落語家、桂歌丸師匠について触れられていましたが、芸事を何十年も続けて、本当に目指すべき存在なのかもしれません。

そして、ファンの方同士が結婚したこと、そしてお子さんが生まれたことから、「生きるパワースポット」とも表現していましたね。さすが言葉のプロは表現が巧みです。確かに癒されるパワーは、Negiccoからガンガン出ています。

一度Negiccoの3人はステージを降り、ここで獅子舞が披露されます。アイドルイベントでガチの獅子舞が見れるのも、なかなかレア体験ではないでしょうか? 客席の皆さんにかみついた後、ステージに戻ってきたNegiccoの3人もパクり。緊張しているのがカワイイ! 5年前と同じく、古今亭菊龍師匠が演じてくださいました。ぜひ5年後もお願いしたいところです!

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます