肉のレア加減とサクサク衣が魅力! 簡単「ビフカツ」の作り方

高温でサッと揚げたフィレ肉のレア加減と薄づきのサクサク衣が魅力の「ビフカツ」のおいしい作り方をご紹介。できたてアツアツを、ビールと一緒に堪能したい。

関西では特にメジャーな「ビフカツ」は、高温でサッと揚げたフィレ肉のレア加減と薄づきのサクサク衣が魅力! 揚げ時間は60~90秒という素早さで、意外と簡単にできるのもよいところ。熱々を、ビールと一緒に堪能したい。

 

材料

牛フィレ肉(2㎝厚さ)…150~200g
卵…1個
塩…小さじ1
小麦粉
パン粉
サラダ油

[クレソンサラダ]
クレソン
【A】
オリーブオイル…大さじ2
赤ワインヴィネガー…大さじ1/2
アンチョビペースト…小さじ1/2
にんにくのすりおろし…少々
塩、こしょう

 

作り方

1.牛フィレ肉は室温に30分以上置いて、常温に戻しておく。

2.小麦粉はふるっておく、卵をよく溶きほぐして塩を加え混ぜる。パン粉はフードプロセッサーにかけて細かくする。1 を小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつける。

3.サラダ油を200℃に熱し、2を揚げる。1分でレア、1分半でミディアムレア。

4.バットに立てるようにして、2 分休ませたら皿にのせ、Aで和えたクレソンを添える。

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント