【V系】2014年の集大成! BUCK-TICK年末恒例武道館ライブレポート

2015.1.14 10:30

2014年も精力的に活動していたBUCK-TICK、その集大成といえる、12月29日日本武道館公演をレポートします。

BUCK-TICK

2014年のBUCK-TICKは、1月にドキュメンタリー映画『劇場版BUCK-TICK~バクチク現象~(2013年公開)』のDVD&Blu-ray、そのテーマソングである『LOVE PARADE/STEPPERS -PARADE-』、そして5月には『形而上 流星』、6月に1年9ヶ月ぶりとなるアルバム『或いはアナーキー』をリリースし、それを引っさげてのロングツアー「BUCK-TICK TOUR2014或いはアナーキー」、秋のスタンディングツアー「TOUR 2014 metaform nights ~或いはアナーキー~」で全国をまわり、2本の全国ツアーの合間にはMUCCの対バンツアーZepp Namba公演に出演するなど精力的に活動する1年でした。

 

櫻井敦司(Vo)

その充実した1年を締めくくるような日本武道館公演「或いはアナーキー -N P P N B D K N-」が、2014年12月29日に行われました。もはや毎年の恒例行事と呼んでも過言ではないこの武道館公演も今回で15回目、発売後、瞬時にソールドアウト。コレを見ずには年が越せないであろうBUCK-TICKファンが武道館に集結していました。

ツアーファイナルとくらべてもどこかお祭り気分で、物販のグッズもメンバーをパンダ化したものや、BUCK-TICKを生んだ聖地群馬県のゆるキャラ「ぐんまちゃん」や、阪神タイガースのマスコットキャラクター「キー太」とのコラボグッズなど、意外性のあるコラボグッズも販売されていました。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング