lynch.『GALLOWS』

ライブもいいけど音源もね!(おせちもいいけどカレーもね風に)
今年もヴィジュアル系シーンでも様々な作品がリリースされました。あげていけばキリがないのですが、個人的によく聴いたCDアルバムを並べていこうと思います。
ちなみにベスト10形式ではなく順不同です。

 

えんそく『惡童のススメ』

オープニングSEからラストまで一貫した「ひねくれてはいるけどもこじらせているわけではない」世界観、パンク、ファンク、メタル、を文字通りぶっ込んだミクスチャー要素が奇跡的なバランス。1枚のアルバムでここまでひとつの物語として成立している、コンセプチュアルな作品。

 
 

KAMIJO『Heart』

VersaillesのフロントマンKAMIJOさんの初のソロアルバム。ドラマティックかつロマンチックな楽曲群は予想を上回りつつ期待を裏切らない。早く国はKAMIJOさんを無形文化財に指定するんだッ!
 

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます