カプコン、PC版「バイオハザード HDリマスター」を1月20日に配信、プレイ環境のセットアップを追加

2015.1.13 19:56配信
PC版「バイオハザード HDリマスター」

カプコンは、サバイバルホラーゲーム「バイオハザード HDリマスター」のPC版を、PlayStation4版、Xbox One版と同じ1月20日に発売すると発表した。税別価格は3694円。

人気サバイバルホラーゲーム『バイオハザード』シリーズの第一作である『バイオハザード』を、原作のもち味を損なうことなく、グラフィックやサウンドを高品質化するとともに、インターフェースなどを現代のプレー環境に最適化した。

PC版には、独自の機能として、解像度、フレームレート、アンチエイリアス機能のオン/オフ、シャドウクオリティやテクスチャクオリティ(ハイ/ミドル/ロー)の設定をPC環境に合わせて変更することができるプレー環境のセットアップ機能を搭載。解像度は1280×720や1920×1080、2560×1600、フレームレートは最大60fpsまで対応する。対応OSはWindows 8.1/7(SP1以降)。

最低動作環境は、CPUがインテルCore 2 Duo 2.4GHz/AMD Athlon X2 2.8GHz以上、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 260/ATI Radeon HD6790以上、2GBのメモリ、解像度1024×768以上のディスプレイ。

推奨動作環境は、CPUがインテルCore 2 Quad 2.7GHz/AMD Phenom II X4 3.0GHz以上、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 560/ATI Radeon HD6950以上、4GBのメモリ、解像度1280×720以上のディスプレイ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング