閉園後の東京ディズニーランドにキャスト約1万6000人が集結! ありがとうの日「サンクスデー」潜入レポ

2015.1.20 16:00

閉園後の東京ディズニーランドに、全キャストの約6割に相当する1万6000人が遊びに訪れる「サンクスデー」。当日のパークの様子を取材してきました。株式会社オリエンタルランド担当者インタビューほか、上西京一郎社長のコメントもお届けします。

©Disney

1年に1度、閉園後の東京ディズニーランドで行われる特別なイベント「サンクスデー」。

普段パークで働いているキャストが、ゲストとして招待され、普段キャストの上司として働いている社員が、この日だけはもてなす側のキャストとして働く、まさに会社がキャストに感謝をする日です。

キャストだけが集う “ありがとうの日” に何が行われているのか、サンクスデー当日に潜入しました。

さらに担当者へのインタビュー、上場以来最高値を更新した株式会社オリエンタルランドの上西社長のコメントもお届けします。

 

もてなす側は全員上司。普段と違うパークの姿に

©Disney

1月19日夜、東京ディズニーランドのメインエントランスは、通常営業が終了して出てきたゲストと、サンクスデーの開園を待つゲストでごった返していました。

20時、いよいよサンクスデーの開幕です。今夜のゲストが一斉に「歩いて」入園してきました。

開園前には、ゲストとしてもてなされる時も、キャストとしてのモラルに反しないよう、絶対に走ることがないように放送されていました。

 

©Disney

入園時には、サンクスデー専用のTODAYと、サンクスデーデザインのマフラータオルが配布されました。

メインエントランスでは、夜なのにキャラクターグリーティングが行われ、ワールドバザールを入ると上司が「ありがとう」のメッセージを持ってお出迎えしていました。

 

©Disney

パーク内では、東京ディズニーリゾートアンバサダーの今枝李衣奈さんの進行で、“みんなが聴きたいディズニーソング” を放送。

事前に募集されたコメントと共に「ディズニー・ファンティリュージョン!」から「ディズニー・イースターワンダーランド」「Let It Go」まで、様々な曲が流れていました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント