もうじき近づくハロウィン。もうハロウィンパーティー用の料理の予定は立ちましたか?

今回は、メニューを迷っているママのために、料理代行「ククマ」で活躍するシェフのひとりであるトータルフードコーディネーター齋藤なほみさんに、ハロウィンパーティーの料理を教えていただきました。

齋藤さんは「簡単に作ることのできるお洒落料理」や「盛り付けアレンジテクニック」などを得意としているシェフ。ちょっとした記念日に自宅でも作れるフォトジェニックな料理も人気で、ホームパーティ用の料理も受けているので、期待大!

多くのママが作りやすい、“安くて時短”をテーマにメニューを教えていただきました!

安くて時短!ハロウィンパーティー料理

齋藤なほみさん(以下、齋藤)「ハロウィンカラーである、オレンジ、ブラック、パープルを取り入れた料理で構成します。着色料は使わず、天然由来の色彩でパーティーを彩ります」(画像はすべてイメージです。)

1.ジャック・オ・ランタンのパプリカグラタン

齋藤「ジャック・オ・ランタンといえばカボチャですが、くりぬくのに時間がかかります。その点パプリカであれば手軽かつ簡単にビジュアル的にも可愛いジャックオランタンが完成します。

パプリカの中にいつものグラタンを詰め、オーブンで焼くだけなので簡単ですよ。グラタンの代わりにリゾットなどを入れてもOKです」

2.チーズおばけのマルゲリータ

チーズおばけのマルゲリータ

齋藤「トマト・モッツァレラチーズ・バジルを使ったシンプルなマルゲリータ。チーズをおばけの形にのせ、バジルで目と口をつければチーズおばけに!」

3.紫キャベツのハロウィンラぺ

齋藤「ハロウィンパーティーメニューに含めると途端に奥行きが出る紫色。ぜひ取り入れたいカラーです。紫キャベツはただ刻むだけでなく、酢を用いてマリネにすることでパーティーメニューに早変わりします」

4.丸ごとパンプキンスープ

齋藤「カボチャはまるごとスープにすれば調理も簡単。かぼちゃは洗って電子レンジでやわらかくなりますので、そこからスープ器のように中身をくりぬいて、中身は玉ねぎと一緒にスープに。意外と簡単にできますよ」

5.ニンジンとブラックオリーブのサラダ

齋藤「ニンジンのオレンジとブラックオリーブの黒がハロウィンらしい色彩を添えてくれます。塩、砂糖、レモン汁、酢、オリーブオイル、黒コショウで和えるだけの時短料理です」

6.クモの巣模様のパンケーキ

齋藤「プレーンとココアのパンケーキ生地をそれぞれ作り、ココア味のほうで円を何重にも描いて、菜箸で外へ向かって線を引き、クモの巣模様を作ります。いつもとは違うパンケーキにお子さんも大喜び!」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます