マカフィー、ガートナー「Magic Quadrant for Endpoint Protection」レポートで「リーダークアドラント」に

2012.2.6 10:47配信
Magic Quadrant for Endpoint Protection

マカフィーは、ガートナーが1月16日に発表したエンドポイント保護製品を提供しているベンダーの実行力とビジョンの完成度を評価するレポート「Magic Quadrant for Endpoint Protection」で、「リーダークアドラント(Leaders Quadrant)」に選出された。

レポートの2011年のベンダー評価は、全体的な実現可能性、市場への対応力、業績を主な実行力の基準としている。付加的な要素としては、販売実績や価格設定、市場への投入、顧客評価、営業活動などがある。ガートナーは、これらの基準のなかでも特に市場理解、販売・マーケティング戦略、サービス戦略や製品戦略、ビジネスモデル、技術革新を検討し、企業ビジョンの完成度を評価した。

マカフィーのエンドポイントセキュリティビジネス担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのキャンディス・ウォーリー氏は、「リーダークアドラントの評価は、お客さまに最先端の統合型エンドポイントセキュリティソリューションを提供するというマカフィーのビジョンを明示するものだと考えている」と述べている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング