仕事が忙しい。プライベートに帰れば、家族や恋人とのコミニュケーションの中で、摩擦が多くて疲れている。

こんな悩みを抱えている人は多いようです。最近は、長時間労働も珍しくありません。また、人員削減などの影響で、任される仕事の範疇が広くて仕事で疲れるということも多いようですね。

仕事でエネルギーを消耗すれば、家族や恋人との時間でも元気がなくなるのは当然のことです。とはいえ、ワークライフバランスを変えるのは難しいという方が大多数でしょう。仕事とプライベートの中で、人と接する苦痛を変える方法はないのでしょうか。

実は、こんな悩みを簡単に解決する方法があります。一日15分だけ、意識して「おひとりさまの時間」を作り出すんですね。公私の時間で人と接する辛さがあっさり解決してしまうことも多いので、実践されると驚かれるかもしれません。

 

人は、完全に一人になる時間がなければ疲れてしまう。

本来、仕事やプライベートで誰かと交流する時間が多いというのは、とても幸せなことのはずです。そのことをなぜ、辛く感じるのでしょうか。

それは、人間に必要な3つの時間のバランスが崩れてしまうからです。

人は、一日のうちに「仕事などの公の立場で人と接する時間」「プライベートの立場で人と接する時間」そして「完全に一人になる時間」がなければ、たとえ他の人から見て恵まれているように見えても、息苦しさを感じるようになるんですね。

仕事やプライベートの事で時間を割かれれば、完全に一人になれる時間はなくなります。そのため、息苦しさを感じることになるわけです。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます