【イケメンレスラー】“プ女子予備軍”におすすめ! プロレスファン厳選の10人

近年、再注目を浴びているプロレス界。試合会場には新規のファンが増え、女性のプロレスファンこと"プ女子"の存在もフォーカスされているほどです。今回は、大のプロレスファンである筆者が、女性にオススメしたい「イケメンレスラー」たちをご紹介します。

業界最大手のメジャー団体である新日本プロレスやインディーの雄、DDTプロレスリングの大躍進によって、近年、再注目を浴びているプロレス界。プロレスラーがバラエティ番組やテレビコマーシャルに出演したり、書店でプロレス関連のムック、書籍を目にする機会も多くなってきました。

会場には新規のファンが増え、特に女性のプロレスファン……所謂"プ女子"の存在もフォーカスされているプロレス人気再燃ムーブメント。最近では、ルックスが良くて試合もおもしろい選手が各団体にいますから、まだプロレスを観たことがない女性にも、どんどんプロレスの魅力が伝わっていけば良いなと思います。

そんなわけで、今回は大のプロレスファンである私が女性にオススメしたいイケメンレスラーたちをご紹介。プロレス未体験な"プ女子予備軍"の皆さんにも魅力的な選手をきっかけにして、プロレスのおもしろさと凄さを知っていただければ幸いです!

 

"100年に1人の逸材"棚橋弘至(新日本プロレス)

"イケメンレスラー"ということで、先ずは、この選手は真っ先に紹介しておかなければならないでしょう。新日本プロレスのトップ選手である棚橋弘至選手です!

棚橋選手は、名実ともに新日本プロレスのエース。団体最高峰のチャンピオンベルトであるIWGPヘビー級のベルトを幾度となく戴冠しており、団体の象徴的な存在となっています。

エクステを付けて試合を行い、試合に勝利すれば観客に向けて「愛してま~す!」と決め台詞を叫び、エアギターをかき鳴らす。トコトン陽性で、良い意味でちょっとチャラい棚橋選手の存在は、新日本プロレスの歴史に新しい風を吹き込みました。

そんな棚橋選手ですが、プロレスに対する情熱は本物。そのプロフェッショナルかつストイックな信念は、バキバキに鍛え上げられた肉体を観ていただければ伝わるかと思います。

顔の良さと抜群の肉体美に加えて、ファンサービスにも積極的に取り組み、何気に立命館大学卒という"文武両道"なクレバーさも併せ持つ棚橋選手は、会場でも女性や子どもからの人気が特に高いレスラー。必殺技であるハイフライフロー(コーナートップからのダイビング・ボディープレス)の華麗なフォームは、絶対にライヴで観ていただきたいです!

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

超簡単♪ モテ声&小顔・デカ目美容術

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント