8P-SB 撮影:小林裕和

genkiとkoichiの2人からなるユニット8P-SB。6月に活動をスタートさせ、これまでに1st single『super star』、そして『fireworks』、『ghost hotel』を配信リリース、定期的にライブを開催しています。

キラキラしたエレクトロサウンドに乗せて、現在の彼らの心境が綴られている『super star』は、これまでのイメージから大きく離れたポップな楽曲で、リスナーに驚きを与えました。今、この2人は何を想っているのか? そんな言葉を届ける、初のロングインタビューです。

――まずは、8P-SB結成の経緯を教えてください。

koichi:辞めたくて辞めたわけじゃないんで、「まだやりたい、まだやれるんじゃないか」という想いがあったんです。今まで積み上げてきたものが崩れ始めたときに、そういう気持ちが強く残っていたんです。だからやってる。

――それはgenkiさんも同じ想いですか。

genki:なんか、誘ってもらって……(笑)。僕もやりたかったけど、なんて言えばいいのか、何をしたらいいのか、自分の中で分からなかった時間が長かったから。

――それは1st single『super star』の歌詞にも現れていますね。

koichi:「そういうことです。」。

――8P-SBの音楽やアートワークも含めた表現は、以前の皆さんの活動と比べて、ずいぶんとイメージが変わったように感じます。

genki:なんか、自分がやりたいと思ったことに一生懸命なだけで、サウンドもすごく良いし、今は変な自信があります。「カッコいいでしょ? これ」みたいな。

genki 撮影:小林裕和

koichi:実は昔から僕はエレクトロと呼ばれるような音楽スタイルが好きなんです。僕、元々「何の音楽が好き」っていうよりは、誰が何を思ってどういうことをやってるかによって、好きな音楽が違ってくるタイプなんですよ。

バンドをやっていた頃は、尊敬する人がバンドをやっていたことで、元はそこまで好きじゃなかったバンドサウンドがすごく好きになっていたし。好きな人がやってたら、その音楽を好きになることってあるじゃないですか。

genki:僕はバチバチのEDMを聴き始めたのは今年に入ってからくらい。これまでもJ-POPは聴いていたけど、今やっているようなサウンドは、「ウチの楽曲がそうだから」という理由で聴き始めたんですよ。昔からそうなんですけど、好きなものは全部好き、なんでも好き。あれがどうだこうだってめんどくさいし、好きなものは全部好きっすよ。

koichi:僕らはやりたいことをやってるだけだから、周りが何かを言ってきても、どうでもいいとは思わないけど、あまり気にならないですね。

例えば、今僕は歌ってますけど、「歌なんてやめておけよ、大して歌えないんだから」という声もある。それって、僕がピンクの髪の毛にしたときも「今時ダサいからやめとけ」とか言われていたので、「いつものことかな」くらいのノリで受け止めています。

だから「(周囲を)黙らせてやる!」みたいな気持ちもなく、ただ、僕は僕のやりたいことをやるだけです。ウチらのサウンドだったり、作品だったりに触れる人たちが、「マジ世界で一番イケてるから」と言えるようにしていきます。

――なるほど。

koichi:それに、バンド編成だとやれる会場も限られてくる。サポートのミュージシャンを雇ったら、制約も生まれるし。それで今みたいな編成になっていったんです。最悪「たった2人になったとしても」活動できるスタイルを選択しました。

極論言うと、駅前でもできるスタイル、24時間どこでもできるスタイルを選ばないと続けられなかったというか。結果的に今は協力していくれている、家族のようなスタッフも周囲にいるので、2人きりでは無いけど、そうなってもやりますと。そういうスタンスです。一生続けられるような環境にしたかった。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます