ここは北欧? いえ、埼玉なんです。

2018年11月9日、飯能市にオープンする「メッツァビレッジ」は、自然とふれあいながら思いっきり遊べる広大なパーク。

目の前の湖でカヌーを漕いだり、地元産の木材で工作をしたりと、子どもが喜ぶツボがしっかりと押さえられています。

その上、北欧雑貨のショッピングやグルメも充実! 大人も子どもも1日たっぷりと遊べる、休日の新定番スポットになりそうです。

芝生でピクニック? それとも湖でカヌー?

美しい湖と広大な芝生が広がる「メッツァビレッジ」は、子どもたちにとって絶好の遊び場。入場無料で飲食物の持ち込みもOKなので、気軽にピクニックが楽しめます。

レジャーシートを広げるのもいいですが、ぜひ使ってみたいのが北欧らしいデザインのおしゃれなイスやテーブル。こんなにかわいらしいテーブルで食事ができると、ママのテンションも上がりますね。

アクティブな子どもにぜひ体験させたいのが、本格的なカナディアンカヌー。目の前に広がる湖に漕ぎ出せば、自然と一体になる感覚が味わえます。価格は1時間で中学生以上が2000円、小学生は1000円、小学生未満は親と一緒に乗ると無料です。

地元産の木材「西川材」でつくるハイセンスな北欧雑貨

ものづくりが好きな子どもは、三角屋根の建物「Sågverk(ソグベルク)」へ向かいましょう。ここでは飯能・名栗の木材で手作りされた木のアイテムが販売されているほか、ワークショップも開催されています。

北欧ラップランド地方に伝わる伝統のマグカップ「ククサ」。軽くて持ちやすいので、子どものミルクやスープ入れとしても、大人のコーヒーカップとしても、長く使える逸品です。

こちらでは、地元産のヒノキを使った「ククサ」のワークショップを開催。表面をやすりで磨くだけなので、小さな子どもでも簡単。手前の小サイズは1500円、奥の大サイズは3000円で、用途に応じて選べます。

ネジを回すと鳥の鳴き声に似た音が出る「バードコール」のワークショップ(500円)。木材の表面をやすりで削り、ネジを差し込んだら、カラーペンで好きな絵を描いてみましょう。所要約30分で、思いの込もった作品が完成します。

ワークショップは、芝生広場の目の前にある「クラフトビブリオテック」でも開催されています。スウェーデンの民芸品「ダーラヘスト」の絵付けやアイシングクッキー作り、クリスマスリース作りなど、時期によってさまざま。一部はホームページから予約できるので、おでかけ前にチェックしておきましょう。

雑貨好きはショッピングもMUST!

「マーケットホール」2階にあるショップ「北欧雑貨」は、ショッピング好きのマストゴー。フィンランドの「イッタラ」「アラビア」、デンマークの「ロイヤル コペンハーゲン」などの有名ブランドはもちろん、最新デザインも網羅されています。ハンドメイドのクリスマスグッズや、北欧らしいパッケージのチョコレートも人気です。

北欧からやってきた木製人形は、思わず連れて帰りたくなるかわいらしさ。こちらはフィンランドの妖精“トントゥ”ですが、デンマークの妖精は“ニッセ”、スウェーデンの妖精は“トムテ”と呼ばれています。ひとつひとつ表情が異なるので、お気に入りを見つけたら即決断を!

動物が描かれたプレートやコップは、北欧らしいポップな色使い。落としても割れないので、小さな子どもも安心して使えます。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます