日々忙しく、仕事に家事、さらには子育てをしていると、昔のようにじっくり髪をセットする時間はないもの。

そうすると、とりあえず“ひとつに結んで”髪のセットを済ませてしまうものですが、ひとつ結びは生活感が出やすいだけに、ひとつに結んでいる“だけ”でおしゃれに、洗練されて見える人を見ると、憧れますよね。

さぞ手間も時間もかけて、ただのひとつ結びではないおしゃれなまとめ髪にしているのかと思いきや「今っぽいおしゃれなひとつ結びは、実はとっても簡単」とおっしゃるのは、ヘアメイクアーティストchihoさん。

今回は、すぐに実践可能な簡単でおしゃれなひとつ結びのしかたを、二つ教えていただきました。

こなれ感のある、ひとつ結びのしかた

普通に結んだだけなのに、なぜかおしゃれに見えるひとつ結びは、こうやって作ります。

1.まずは、耳の位置でゴムを使ってしっかり髪をまとめます。

2.ゴムの結び目近くから、髪表面の髪の毛ひと束を適当につまんで引き出します。

3.鏡を見ながら、2で引き出した束の間の表面の毛を、大体5カ所くらいつまんで引き出します。
つまんで引き出した具合ですが、鏡を正面から見て、なんとなくふんわりする位です。

4.ここまで出来たら、髪の毛先にオイルやワックスを揉み込み、毛先のパサつきを失くします。
パサつきをなくして、ツヤっぽさを足し、セミウェット感を出すように意識すると、動きと立体感が出てラフな雰囲気になります。

無造作に引き出したトップとのバランスも良くなります(chihoさん)

「ハピママ*」更新情報が受け取れます