本格的に寒さを感じるようになった今日この頃。

足元が悪く憂鬱になりがちな冬も、そして、雪の日だって雨の日だって、オシャレしたい!

そろそろ、防寒、防滑のブーツを用意しませんか。

雨の日や雪の日も大活躍!

「雨の日や雪の日でも歩きやすく、大人にも似合うスタイリッシュなブーツが欲しい」という声から誕生したのが、雨雪兼用ブーツ「ウィンタースキップ」。

昨年初登場したこのブーツ、今年は以前のモデルに比べてグリップ性を強化し、カラーとサイズのバリエーションもより豊富になって『NEWウィンタースキップ』として再登場しました。

気になる、その機能とは……。

防滑・防水・防寒3拍子揃ったブーツ

早速、気になる『NEWウィンタースキップ』をご紹介しましょう!

防滑

濡れた路面や雪の上を歩くことを想定して開発された靴底には、滑りにくい素材のみを厳選した2種類の硬さのゴムソールを採用。

中心部分は固めなゴムソールを、周囲は柔らかいゴムソールで囲むことで、足元の悪い雪道でもグリップ力を高めて滑りにくい仕様になっています。

防水

内側を袋状の二重構造にし、防水シールド加工を施すことにより、悪天候にも強いつくりが実現しています。

履き口にはギュッと絞れるドローコードが付いているので、雨や雪の吹き込みを防いでくれます。

防寒

履き口部分にはボアがあしらわれ、防寒対策としての暖かさとチャーミングなルックスの両方を実現。

モダンに見えるつま先のスクエアトゥや、靴の中へパンツを入れたスタイルや履き口を折り返した仕様も楽しめるような筒周りのゆとりによって、街なかでも使いやすいオシャレなデザインです。

レインブーツや街歩き用の雨・雪兼用ブーツは機能を取れば、デザイン性は諦めなくてはいけなかったり、可愛いさを取ると機能に満足がいかなかったりすることも多いかもしれません。

『NEWウィンタースキップ』なら、その両方のいいところを取り入れたブーツなので、足元が悪くても、寒くても、楽しくお出かけできそうです。

関東では雪の便りはまだ先になりそうですが、こんなブーツを準備しておけば安心ですね!

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子はボウズ2人。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます