気になる男性がいるけれど、何だかみょうに「女性慣れ」しているような感じ。

もし遊びだったらどうしよう、と思うとアプローチもためらいますが、女遊びが激しい男性かどうかを見抜くには細かいところまで観察する冷静さが重要です。

ちょっとワザとらしかったり辻褄の合わないことがあったり、下心のある男性はどこかに無理が出てくるもの。

本気になる前にしっかり見極めて、不要なヤケドを避けましょう。

「女性慣れしている男性」の特徴って?

連絡がマメ

「おはよう」「おやすみ」のLINEから、夕方の「お仕事お疲れさま!」まで。こまめな連絡は一見すると大きな好意を持ってもらえているように見えますが、実は「声をかけておけば大丈夫」という計算からかもしれません。

連絡を繰り返すことで喜ぶ姿を見ると、女遊びが激しい男性は「これで関心を向けられた」とほかの女性にターゲットを変え、同じようにマメにLINEやメールを送って好意を持たせようとします。

誠実な男性の場合、連絡は女性の都合を考えて時間に配慮するなどの気遣いがありますが、女遊びが激しい男性はまず自分を印象づけるのが優先なので、タイミングを変えるような考えがないのも特徴です。

いつも同じ時間、同じ言葉の繰り返しばかりで時や場所に応じたメッセージがない場合、「キープするための連絡」を疑ってみましょう。

ほめ言葉が簡単に出る

多くの女性が褒められると嬉しくなることを知っている女遊びが激しい男性は、手に入れたいと思った女性には惜しみなくポジティブな言葉を送ります。

「髪型、似合ってるね」「今日もがんばっていたね」など、嫌味にならず「ちゃんと見ているよ」と感じてもらえるメッセージを選び、女性の「ありがとう」の笑顔を見ると手応えを感じるのですね。

ですが、女遊びが激しい男性のほめ言葉は、「どこかで聞いたことのあるフレーズ」が多いのが特徴。

当たり障りがなかったり誰にでも言えるようなことだったり、女性の気分を良くするためだけの言葉なので特別な感情を感じられません。

本当に好意を持っている男性なら、ほめるときも内「人に注意されてもありがとうって言えるの、偉いね」など内面を見た言葉が出てきます。

ただ「今日も可愛いね」「いつも元気だね」のような薄っぺらない言葉が続くときは注意しましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます