『スリョンチプ』のキムチチゲ定食4000ウォン。手前中央のキムチチゲから時計回りに、貝の塩辛、茹で卵、切り干しダイコンのナムル、青菜のナムル、オデン(味付け油揚げ)、ハクサイキムチ、大盛りごはん。この内容で4000ウォンを維持しているとはまったく頭が下がる

首都ソウルの鍾路3街(チョンノサムガ)というエリアは、朝鮮王朝が開いた商業地区として長らく栄えたところだが、70年代から漢江の南側(江南)の開発が進んだり、繁華街があちこちに分散したため、日本でいえば東京の浅草のように取り残された遊興街という印象が拭えなかった。

しかし、この2、3年、同エリア北寄りの益善洞(イクソンドン)に1930年代に建てられた伝統家屋の分譲住宅街に、リノベーションしたカフェやバーができて若い女性やカップルが押し寄せ、全体的にセピア色だったこのエリアが息を吹き返している。

いまや鍾路3街は、かつての遊興街の残り香と大衆酒場の喧騒、マッコリをあおりながら大声で話すシニアたちとゲイの若者たちの嬌声が交錯する、ソウルでももっとも熱い街となっている。

今回は鍾路3街らしい、旨くて安くて情緒がある3軒(朝食、昼食、夕食)の食堂を紹介する。このエリアを散歩するときにかならず寄ってほしい。

朝食→『スリョンチプ』(益善洞エリア)のチゲ定食

『スリョンチプ』のトンテチゲ定食4000ウォン。前列左から大盛りごはんとトンテチゲ。中列左から豆モヤシのナムル、貝の塩辛、海草のナムル。後列左からオデン(味付け油揚げ)、茹で卵、ハクサイキムチ

いまどき、サラリーマンやOLのランチ代は6000ウォン~10000ウォンが相場だが、この店は大盛りライスと主菜のチゲに副菜が6皿も付いて4000ウォンという価格が魅力。

しかも、ヌルンジというおこげに熱湯を注いだものがお茶代わりに飲める。

キムチチゲは韓国人が好む酸味と辛味、くたくたになるまで煮込まれたハクサイの甘味、たっぷり入った豚肉の旨味が調和した家庭的な味。

トンテ(タラ)チゲはたっぷりのタラの身が味のはっきりしたスープで煮込まれていて、ごはんが進む。

主菜が美味しいのはもちろんだが、6皿ある副菜もすばらしい。

なかでも、12月に出合った青菜や海草のナムルは歯ごたえがこぎみよく、小さな貝の塩辛は朝から一杯やりたくなってしまうほど濃厚な旨味があった。

鍾路3街は路地裏をくまなく歩くのが楽しいところ。朝、この店でしっかり食べて、エネルギーをたくわえるといいだろう。

『スリョンチプ』の外観。屋台のように見えるが、内側は細長い店舗。夜は飲み屋さんとしてにぎわう。マッコリと焼酎が1瓶3000ウォン、ビールが1瓶4000ウォンと良心的

鍾路区敦化門路11ガギル16-1
TEL:02 764 5695 7:30頃~21:00頃 日曜定休

昼食→『全州食堂』(チョンジュ・シクタン)の焼き魚定食

『全州食堂』のコドゥンオ(サバ)定食9000ウォン。手前のごはん(黒豆入り)から時計回りに、チゲ、青唐辛子(お好みでチゲに入れる)、ワラビのナムル、ハクサイキチム、ホウレンソウのナムル、葉トウガラシのナムル、豆モヤシのナムル、ジャコ炒め、ワサビ醤油(焼サバをつけて食べる)。中央が焼サバ

『水曜美食会』という韓国屈指のグルメ番組で紹介されて以来、行列のできる店となり、以前から通っている者には敬遠されがちだった店。今も人気は相変わらずだが、最近は行列も一段落してお昼どき(12時~13時半ころ)を避ければ、席もとりやすくなっている。

主菜は店の外で練炭の火で網焼きされるサバ、太刀魚、サワラ、イシモチなど。これに一人分ずつ釜で炊かれる豆入りのごはんとチゲ+副菜7品が付く。

正直言って韓国の食堂のごはんは、日本ほど米の質や炊き方にこだわりがないので、「主菜や副菜が美味しいのに、もったいないなあ……」と感じることも少なくない。

しかし、この店のごはんはほどよいねばりと甘味があり、日本から来た旅行者も満足するだろう。焼き魚→ごはん→副菜→ごはんのローテーションを楽しんでいると、口中が幸福でいっぱいになる。

鍾路3街駅の15番出口から歩道を出てすぐの路地(角に薬局)を左折、最初の十字路を通り過ぎた右手に『全州食堂』がある。後述するサムギョプサルの店『ハント』と、以前、本コラムで紹介した食料雑貨店兼大衆酒場の『ソウル食品』(NHKの人気居酒屋番組登場店)はこの路地をさらに南に進んだところにある

鍾路区鍾路40ガギル5
TEL: 02 2267 6897 6:00~21:00 第1・3・5日曜定休

「うまい肉」更新情報が受け取れます