あっという間に今年も終わり。
もうそろそろ帰省や旅行に出発する人も多いかもしれませんね。

年末年始はまとまったお休みが取れないので、実は少し前に休みを取って友人と旅行をしてきたアンリです。

そんな長時間の移動の時にとってもらくちんなジーンズがあるのでご紹介しますね!

1日中履いても快適


人をダメにするクッションや家具など「人をダメにする○○」が注目されている今日この頃。

ユニクロの「EZYジーンズ」も「人をダメにするジーンズ」として話題になりました。そのすごさは購入者の9割が「1日中履いても快適」と評価したほどです。

長時間の移動でも快適?


そんな高評価のジーンズ、本当に快適なの? ということで、長時間の移動でも快適かどうか検証実験が行われたようです。

東京名古屋間のバスに乗り、ボトムスによる疲労度の違いを検証。

疲労度の目安として使われる自律神経活動のトータルパワーで見たところ、「EZYジーンズ」はスウェットとほぼ同じ数値だったことから、スウェット並みに疲れにくいことが分かりました。また、自覚的な心理状態を数値化するVAS (Visual Analog Scale )による主観的な「疲労度」においては、 ジーンズはスウェットよりも疲労感はやや高いものの、通常のジーンズとの比較では疲労度は低くなっていました。

つまり、「EZYジーンズ」はバスによる長距離移動の際のストレス実験において、自律神経活動でも感じる疲労度からもスウェットと同じくらいの快適さを誇り、通常のジーンズよりは格段に快適であるという結果が出ました。

スウェットも意外とストレスを感じる!?

「EZYジーンズ」の特徴は休憩時に際立ってストレス量が低いことでした。これは、休憩時のように他人の目に触れる場面でも緊張を強いられるこ とがなかったためと推察されます。一方、スウェットのストレス量が高かったのは、 ジーンズとは異なり部屋着のような見た目であることから他 人の目が気になりストレスを感じたのかもしれません。

これらの検証実験結果から、長距離移動時にはそれに適したボトムスを選ぶことによってストレス量が大幅に軽減されるということが分かりました。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます