Mac向け翻訳ソフト、ビジネス/技術分野向けと医学分野向けの2タイトル

2015.6.30 13:44配信
「MED-Transer V11 for Mac」(左)と「MAC-Transer V11」

クロスランゲージは、Mac向け翻訳ソフトの新製品として、Microsoft Officeのdocx/xls/pptx形式ファイルの翻訳機能を備えた、ビジネス/科学技術分野向け英日・日英翻訳ソフト「MAC-Transer V11」と、医学分野向け英日・日英翻訳ソフト「MED-Transer V11 for Mac」を7月31日に発売する。

「MAC-Transer V11」「MED-Transer V11 for Mac」ともに、Microsoft Officeのdocx/xls/pptx形式ファイルに対応した「オフィスドキュメント翻訳」機能を新たに搭載し、ファイル読み込み→翻訳→ファイル保存というステップで、オフィス文書をレイアウトを保ったまま翻訳できる。

このほか、4万9999文の読み込みと高速処理ができる「翻訳エディタ」、人間の手による翻訳文を再利用する「翻訳メモリ」機能、英語サイトを日本語訳キーワードで検索できる「アドインホームページ翻訳」、単独で使える「電子辞書ソフト」と「電子辞書コンテンツ」を備える。対応OSはMac OS X 10.10/10.9.5/10.8.5/10.7.5。

「MAC-Transer V11」は、ビジネス~科学技術関連27分野の多様な専門語辞書による専門性の高い機械翻訳に対応したプロフェッショナル仕様の翻訳ソフト。税別価格は5万9800円。

「MED-Transer V11 for Mac」は、医学用に特化してチューニングした翻訳エンジンを採用し、「ステッドマン医学大辞典」「南山堂医学英和大辞典」など、医学分野で信頼される医学出版社の辞書を標準搭載する。税別価格は16万8000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング