ジャストシステム、スマートフォン用の名刺管理アプリ「スマート名刺管理 for iPhone/ Android」

2012.3.12 12:55配信
「スマート名刺管理」のiPhone版(左)とAndroid版

ジャストシステムは、3月9日、iPhoneやAndroid搭載端末などのスマートフォン向け名刺管理アプリ「スマート名刺管理 for iPhone」と「スマート名刺管理 for Android」の提供を開始した。価格は無料。

スマートフォンに搭載するカメラで名刺を撮影し、情報をOCR(光学文字認識)で取り込む。情報をスマートフォン上で検索し、名刺情報から直接電話をかけたり、メールを送信したりすることができる。また、Googleコンタクト(Gmail連絡先)との同期に対応している。

「スマート名刺管理 for iPhone」だけの機能として、名刺を最適に撮影する「オートシャッター」機能や、名刺画像の「ゆがみ補正」「画質自動修正」機能などを搭載している。対応機器は、iOS 4.0以降を搭載したiPhone 4S/4/3GSで、App Storeからダウンロードできる。

「スマート名刺管理 for Android」の対応OSは、Android 2.3/2.2/2.1。Google Playからダウンロードできる。

3月16日に発売するPC向け名刺管理ソフト「スマート名刺管理[高速カラースキャナセット]」とあわせて利用すれば、Googleコンタクト経由でPCとスマートフォンで名刺情報を同期して、いつでもどこでも最新の情報を閲覧したり、さまざまな連携機能を利用したりすることができる。

「スマート名刺管理[高速カラースキャナセット]」は、1枚0.3秒でスキャンする専用小型スキャナが付属。大量の名刺をカテゴリ分けして登録し、すばやく検索できる。また、中国語をはじめ、23か国24言語に対応する。対応OSは、Windows 7/Vista(SP2以上)/XP(SP3以上)。価格は、通常版が1万8800円、特別優待版が1万4200円。

「スマート名刺管理 for iPhone」は、単体で使用する場合、登録する情報は30件までで、31件目以降ははじめて起動した日からの経過時間によって、1週間に10件など登録できる件数が変化する。初起動から27週目以降は、Googleコンタクトと同期できない。また、「スマート名刺管理 for Android」は、氏名、会社名、電話番号(勤務先)、Eメール(勤務先)の情報のみ登録可能。これらの制限は、「スマート名刺管理[高速カラースキャナセット]」に付属する「制限解除キー」を使用して認証を行うことで解除でき、無制限に利用できる。

・「スマート名刺管理 for iPhone」のダウンロード

・「スマート名刺管理 for Android」のダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング