みなさんは子育て中、どうやって自分のための時間を取っていますか?

そんなママの自愛時間を取りたいと思ったときの工夫のアイデアをご紹介。専業主婦の3児のママ、働くママ、働く3児のママの3名に聞いてみました!

専業主婦の3児のママがやっている自愛時間の作り方

現在、7歳、5歳、2歳の三姉妹のお子さんを育てながら、事務系のアルバイト勤務をしている専業主婦の國友里紗さんは、隙間を見つけて自分の時間を持っているそうです。

國友里紗さん(以下、國友)「子どもたちがいない間はピラティス、少し早起きしてスキンケア、コーヒーや読書、日記タイム、子どもを寝かしつけてからはネイルケアをしています。また時々、パパに留守番お願いしてショッピングや大好きな激辛を食べに行くこともあります。

小児科などの待ち時間には雑誌で流行チェックしたり、家事育児のヒントを得たりします。あとは子どものお誕生日、ハロウィンやクリスマスやお正月などのイベントを楽しむことも意識しています。その他、何かをしながら他のことをすることも大好きです」

実際、どんな風に行っているのか、いくつか詳しく聞いてみました!

平日は子どもがいない時間にピラティス

國友「子どもたちが幼稚園や学校でいない間、ピラティスに隔週で通っています。3人の子育てしているので筋力は大事だと思ったのが始めたきっかけ。以前よりも体力がついたと感じています」

子どもが寝た後にネイルケア

國友「寝不足になるけれど、ネイルを綺麗にすることのほうが大事なのでケアしています。ジェルネイルをして手元が綺麗だとモチベーションが上がります」

大好きな辛いもの食べに行く

國友「完全にストレス発散です。辛いものを食べることが楽しいので、時々行かせてもらっています」

イベントを楽しむ

國友「お誕生日のときは子どもたちの好みの飾り、カラーで統一感を出したり、ハロウィンやクリスマスのイベント時には、海苔をカットしてご飯に簡単なデコレーションをしたり、ピックを刺していつもと違う食卓にしたりして、雰囲気を変えて楽しんでいます」

何かをしながら他のことを行う

國友「例えば、寝るときに仕事で疲れた眼をホットアイマスクで癒し、そのまま眠る。お風呂あがりにパックしながら子どもとおばけごっこ。週のラストの仕事後は夕飯を作りながらお酒を飲むなどしています」

たくさんの自愛時間をうまく取っている國友さん。自分の時間を確保するコツを教えていただきました。

國友「自分のために使える時間は、なかなかないので、何かをしながらできることを探したり、少し早起きしたりするなどするのがコツかもしれません。

早起きができたときは、好きなコーヒーを飲みながら、雑誌を読んだり、日記ややることリストを書いたりしています。自分と向き合う時間があると、頭の中が整理できるのでスッキリします」

「ハピママ*」更新情報が受け取れます