「ごちそうさん」の杏が感動“食通”ドラマに出演! 彼女がハマった「ソイタリアン」の魅力とは?

ドラマ「ごちそうさん」で食の興味がハンパない女性を好演した女優の杏。公私ともに料理が好きだという彼女が、最近お気に入りという料理が大豆(ソイ)を使ったイタリア料理「ソイタリアン」! 出演中のドラマ「泣きめし今日子2」でも「ソイタリアン」の魅力にふれています。

杏出演のドラマ『泣きめし今日子2』より

7月8日よりスタートした主演ドラマ「花咲舞が黙ってない」(日本テレビ系)が初回視聴率14.7%と好発進し、女優としてひとつの旬を迎えている杏。

NHK連続ドラマ「ごちそうさん」で主演の“め以子”役を務めたのは一昨年のこととなる。幼い頃から食べることが大好きで天真爛漫、悠太郎(東出昌大)との恋愛を機に料理に目覚め、人々に食事を振る舞っていく――というめ以子のキャラクターは、いまだお茶の間に強い印象を残している。それは今年の元旦、東出昌大と結婚したという吉報もあったからだろう。

 杏がいま気になっている料理は「ソイタリアン」!

実は杏自身も食に興味があり、「旬のものを取り入れて、温かいものを温かく、冷たいものを冷たく食べる」など自身ならではのこだわりも持っている。夫の東出が好き嫌いなく食べるということもあって、家庭の食卓では腕をふるっているそうだ。

そんな杏が、いま一番気になっている料理というのが『ソイタリアン(soy-itarian)』。「ソイ(大豆)」+「イタリアン」の造語で、文字通り日本の代表的食材“大豆”を取り入れたイタリア料理だのことだ。

5月19日、杏はミラノ万博の開催を記念しイタリア大使館で行われた「日伊食文化交流会」のレセプションに出席。会場にて初めてソイタリアンに出会い、そのおいしさやコンセプトに感動したという。

 


 

「ソイタリアン」って一体どんな料理?

ソイタリアンとは新素材の豆乳クリームや豆乳クリームチーズなどを使った料理。いままでの豆乳では出せなかったこっくりとしたコクが加わって旨みもアップし、生クリームやチーズなどの乳製品に比べてカロリー控えめで、ヘルシーさも増すという良いことずくめのスタイルだ。

左から豆乳カルボナーラ、床伏とホタテのガーリックバター焼き、豆乳と地鶏煮凝り冷製カッペリーニ、ソイティラミス。

メニューとしては、豆乳カルボナーラや床伏とホタテのガーリックバター焼き、豆乳と地鶏煮凝り冷製カッペリーニなどの前菜やメインディッシュに加え、ソイティラミスなどのデザートまで幅広いイタリアンをカバー。巷ではソイタリアンのみで前菜からデザートまでを作ったフルコースも登場しており、特に美食家の女性たちに人気だという。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング