©ユニクロ

春のようなうららかな日があると思えば、まだまだしんしんと冷え込む日もあり、外出の時にはやっぱりあれのお世話になっちゃう!

そんな冬のファッションの定番ともいえるヒートテックについて、ユニクロが調査。また、ファッションアドバイザーおすすめのスタイリング方法もご紹介します!

みんなはヒートテック何枚持ち?

©ユニクロ

ユニクロが全国1236名の男女にヒートテックに関する調査を行ったそうです。

それによると、みんなが持っているヒートテックの数は1人当たり平均4.9枚。30枚以上持っていると回答した人も多く、中には一人で61枚持っていると回答した方も!

持っているヒートテックのアイテムは、極暖ヒートテックの所持率(52.8%)がヒートテック七分袖~長袖トップス(53.0%)に迫る所持率となり、ヒートテックスパッツ・レギンス・タイツも約3人に1人と多くの人が所有しているようです。

この調査によって、ヒートテックは複数持ちしている人が多く、ファッションに合わせてさまざまなタイプのヒートテックを使い分けているということがわかりました。

そんな冬の定番ヒートテック、こんな風に着るのがおすすめだそうですよ。

ファッションアドバイザー吉田氏おすすめのヒートテック着用方法

©ユニクロ

ヒートテックの登場により、その薄さと暖かさで冬のファッションの自由度は大幅に上がったと話すのは、ファッションアドバイザーの吉田泰則さん。

フォーマルでもカジュアルでも着られるヒートテックは、今シーズン注目のファッションアイテム、体のラインを美しく見せるスキンニットなどとの相性が抜群なのだそう。

ヒートテックを着ることで寒さも我慢することなく体にフィットした見た目にも影響を与えないので、冬のおしゃれには欠かせないアイテム。

アウトドアテイストやスポーティーなファッションに合わせて重ね着するのも◎。襟ぐりの大きくあいたバレエネックタイプのヒートテックを活用すれば、冬でも背中見せファッションを楽しめるのでおすすめだそうですよ。

10年ぶりにトレンドとなっているレギンスにおいては今年、素材やカラーバリエーションが豊富なったヒートテックレギンスは、様々なファッションに合わせやすいとのこと。

冬は寒さ対策で、どうしても着込んでしまうことが多いものですが、ヒートテックを活用することで肌を隠すことばかりを考えなくてもよくなりましたね。

普段はもちろん、子どもとの外遊び、習い事の付き添いや応援、さまざまなイベントなどに参加する時も、この季節は暖かい武器を上手に使って、オシャレを楽しみたいものですね!

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子はボウズ2人。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます