【リアル鬼ごっこ】現役女子高生は”JK殺戮映画”をどう評価? アンケートから読み解く「イマドキ女子」のリアル

公開中の園子温監督作『リアル鬼ごっこ』。今回の鬼のターゲットは「JK(女子高生)」。しかし、果たして本当に怖いのは「鬼」なのだろうか? 試写会や全国の女子中高生を対象としたアンケートから今のJKを考える。

©2015「リアル鬼ごっこ」学級委員会

今年は園子温監督の映画が続々と公開される。新宿・歌舞伎町が舞台の『新宿スワン』、完全無欠のファンタジー映画『ラブ&ピース』に続いて、現在上映中なのが『リアル鬼ごっこ』だ。今作の「鬼」のターゲットはJK(女子高生)だが、果たして本当に恐れるべきものは「鬼」なのだろうか?

「観客が期待する園子温が出せた」園版『リアル鬼ごっこ』

この作品は、いい意味で見る人の予想を裏切った『ラブ&ピース』と異なり、「みんなが僕に求めているもの、期待している園子温を出せた」映画だと監督は語っている。

グロテスクな場面はもちろん、逃げるJKのパンチラシーンも26回出てくる。しかもこれまで映画化された『リアル鬼ごっこ』とは異なり、原作は読まずにタイトルにインスパイアされた内容を映像化した、園監督のオリジナル映画である。

トリプルヒロインのトリンドル玲奈、篠田麻里子、真野恵里菜を始めとするJKたちが、文字通り命からがら「鬼」から逃げ続けるのだが、そこにはウソのない「友情」も描かれている。

3人のヒロインたちは、心から信じあえる友人と出会い、彼女たちに助けられ、守られながら走る。時には笑顔で手をつないで、そして時には必死の形相で。
そこには各々の個性を受け入れ、リアルに人と人とがつながる様子が見えてくる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング