気になる男性ができたけれど、どうも今まで女性とお付き合いしたことがないみたい。

恋愛経験が少ない男性は、女慣れしていないので純粋な反面、スマートな振る舞いができないなど物足りなさを覚えることもあります。

こんな男性を好きになったら、「男性はこうあるべき」をまずは捨てましょう。

恋愛経験が少ない男性を好きになったとき、気をつけたい点についてお話しします。

1.連絡を急かさない

これまで女性とお付き合いをしたことがない、あってもすぐ別れているなど、女性と深く関わったことのない男性は、自分から連絡する勇気をなかなか持てません。

女性に好意を持っていても、「俺なんかが連絡して迷惑じゃないかな」「返事がなかったらどうしよう」など、ネガティブな思いが出てくるので気軽にLINEなどが送れないのですね。

なので、最初は自分から連絡してばかりだなと思っても、こちらからアクションを起こすことで男性に「いつでも声をかけてね」とメッセージを伝えましょう。

しっかり受け止めてもらえると思えば、女性慣れしていない男性でも安心してメールや電話ができるようになります。

2.理想を持たない

たとえば、「元カレだったらこうしてくれたのにな」とか、「好きだったらこうするのが普通じゃない?」とか、自分なりの理想を押し付けると、女心を察することに慣れていない男性はプレッシャーを感じて逃げてしまいます。

恋愛経験が少ないことは、女性の求めることになかなか気が付けない、またわかっていても自信がなくて動けない、という不安が強いのですね。

「こうあるべき」ばかり見せられると、男性は息が詰まります。

それより、「こうしてくれたら嬉しいな」とはっきり伝えるほうが、男性にとっても不安なく動けるので関係がスムーズに進むと心得ましょう。

3.関係の発展はゆっくりと心得る

恋愛経験が少ない男性は、関係の進め方もスロー。それは、下手に先走って傷つきたくない部分もありますが、女性の気持ちを尊重したいとも考えるからです。

男性には関係をリードしてほしいような女性だとじれったいと思うかもしれませんが、決して後ろ向きになっているわけではなく、しっかりと確信を持って進みたいからだと思いましょう。

「告白してくれないなら、ほかの人のとこに行こうかな」など、焦らせるような駆け引きはタブー。

自信を奪われるとそれだけで諦めてしまうので、男性の気持ちに合わせる余裕を持っていたいですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます