「今まで保育園の送りで泣かなかったのにある日から泣くようになった…」

「何年も保育園に通っているのに、朝のバイバイで泣く日が増えた」

我が子を保育園に送る際、泣くようになってしまった…というママは意外にも珍しくありません。

すでに何年も保育園に通っており、慣れているはずにも関わらず、なぜ子どもたちはママと別れる際に泣くようになってしまうのでしょうか。今回は、考えられる理由と対処法についてご紹介します。

4・5・6歳が保育園で泣くようになってしまう理由

何年も保育園に通っている子どもたちが、送りの際に泣くようになってしまう理由は何なのでしょうか。

大型連休明けでママとの別れが寂しい

連休明けは、保育園での別れがとても寂しく感じてしまうものです。お盆休みや年末年始、といった大型連休を楽しく過ごす家庭は多いでしょう。

普段は、週に2日程度しかお休みしない保育園を、何日もお休みしているという状況は、子どもにとってはちょっとした非日常的なものです。

そのうえ、大好きなママと四六時中一緒に過ごせるのですから、子どもにとってはとても楽しい連休となるでしょう。連休明けはその反動で、保育園でのバイバイがとても寂しく感じてしまうもの。連休が楽しかった分だけ、寂しさも大きくなってしまうのかもしれません。

下の子が生まれたタイミング

下の子が生まれて間もない時期は、上の子が「ママを取られた」と寂しく感じてしまうことが少なくありません。

「ちょっと待ってて」「後にして」といった言葉を頻繁に口にしていませんか?子どもは、ママの愛情をたっぷり自分に注いでほしいのが本音です。

下の子の世話に追われるママを見て「自分は後回しにされている」と感じると、よりママが恋しくなってしまうでしょう。

その結果、保育園の送りで泣いてしまう、という状況に陥ってしまうのです。

お友達との問題

お友達とのトラブルも、朝の送りで泣いてしまう原因の一つと考えられます。

3歳を過ぎると、お友達との関わり合いが増えるもの。コミュニケーションを取りながら、保育園で生活をしていきます。

しかし、場合によってはお友達同士でケンカになってしまうこともあるでしょう。場合によっては、普段から行動することの多い「仲良しのお友達」とケンカしてしまうことがあるかもしれません。

そのような状況にある場合は、子どもの心はとても不安定で、ママと離れることに不安を感じてしまいます。
ある日突然、登園時に泣くようになった場合は、上記の理由が該当するかもしれません。

4・5・6歳が保育園で泣いてしまう場合の対処法

すでに保育園に慣れているはずの我が子が、保育園で泣いてしまう場合はどのように対処したら良いのでしょうか。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます