色はトップスよりボトムで取り入れる

次に色ですが、淡い色よりもビビッドな色を取り入れたほうが顔うつりが良く垢抜けますので、その分生活感ゼロに近づけます。

そして取り入れる場所ですが、これはも断然トップスよりボトムスです。面積が広めの下半身に色を取り入れるほうが、洗練されて見えます。

GU『リブフロントボタンナローミディスカート』GU『リブフロントボタンナローミディスカート』

おすすめはGUの『リブフロントボタンナローミディスカート』のイエローです。シルエットも綺麗で、スタイル良く見せてくれます。

旬のスカート、アコーディオンプリーツスカートとは真逆のシルエットですが、こちらのスカートのほうが、アコーディオンプリーツスカートよりずっと生活感ゼロで若見えします。

GU『チュールレースフラットシューズ』GU『チュールレースフラットシューズ』
GU『マシュマロセパレートフラットシューズ』GU『マシュマロセパレートフラットシューズ』

ベーシックカラーを選ぶなら『チュールレースフラットシューズ』や『マシュマロセパレートフラットシューズ』のような、デザイン性のあるシューズと合わせると、若見えします。

アウターは“きちんと感”をキープしよう

生活感が出るか出ないかは、トータルコーディネートで見て、パッと目に入る部分の情報次第でもあります。

そこで、まだ肌寒い日もある春先は、アウターの中に着るものよりも、アウターのほうが重要です。きちんと感のあるアウターを着ることで、生活感ゼロを目指せます。

人気のユニクロUシリーズから展開されている『ダブルフェイスコート』がおすすめです。

見た目は定番のダブルフェイスコートに見えますが、着るとちゃんと今年のシルエットになっています。旬と若見えのバランスがよくとれているアウターです。

ジャージ素材ですから、動きやすさは抜群。小さいお子さんがいるママでも、実用的なアウターとして、デイリーに着られます。

ワンピースは末端を抜かりなく

生活感が出ないワンピースコーディネートのためには、ワンピースに合わせる小物が重要です。

バッグや靴、帽子、ストールといった小物は、皆さんが想像しているよりずっと視線を集めます。

そのため、この小物たちが洗練されて見えると、シンプルなワンピース一枚を引き立てて素敵に見せてくれるのです。

UNIQLO『ジョーゼットギャザーワンピース(長袖)』UNIQLO『ジョーゼットギャザーワンピース(長袖)』(¥4,990+消費税)ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ (ユニクロ一部店舗のみで販売)

ベースとなるワンピースは、今季も話題のイネスシリーズから展開されている『ジョーゼットギャザーワンピース(長袖)』をセレクトしてください。

シンプルで無駄をそぎ落とし、美シルエットは死守しているからこそ若見えして、さらには小物の力を発揮します。

UNIQLO『ジュートバスケット』UNIQLO『ジュートバスケット』(¥2,990+消費税) ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ (ユニクロ一部店舗のみで販売)

バッグは『ジュートバスケット』で季節感とおしゃれ感を。大きめトートよりもこちらがおすすめです。

UNIQLO『ペーパーオプティモハット』UNIQLO『ペーパーオプティモハット』(¥1,990+消費税) ユニクロ/イネス・ド・ラ・フレサンジュ (ユニクロ一部店舗のみで販売)

帽子を被るなら『ペーパーオプティモハット』を。キャスケットよりもきちんと感が出るため、その分生活感ゼロに近づけます。

やみくもに新作アイテムを買っても、それだけでは単に「新作アイテムを着た人」になります。安くても各アイテムとしっかり向き合い、着こなしをきちんと考えるだけで、印象は低コストで変えられます。ぜひ参考にしてください。

空人衣(くにえ):『ファッションマイスター』スタイリスト・コラムニスト。企業広告やパーソナルスタイリスト、高校、専門学校の服飾講師として活動の傍ら、ファッションショー企画プロデュ-ス、TV番組監修、企業講演など多方面で活躍。現在は、大人女性のライフステージの変化に沿った、装いの悩みを解決する“お洒落クライシス専門家”として活動の幅を広げている。専門は“着やせ”ファッション。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます