SUPER JUNIOR、「a-nation」で初トリ! 5万人が大絶叫

2015.8.29 23:35

SUPER JUNIORが29日、東京・味の素スタジアムで開催された「a-nation」東京公演初日に登場、初のトリを務め5万人を熱狂させた。

SUPER JUNIOR

韓国出身のマルチエンタテインメントグループ、SUPER JUNIORが29日、東京・味の素スタジアムで行われたエイベックス主催の野外音楽フェス「a-nation stadium fes.」に登場、初めてトリを務め5万人を熱狂させた。

ブルーのライトに埋め尽くされた会場に登場したメンバーは、『美人(BONAMANA)』『Mr. Simple』といったダンスチューンをたたみかけ、のっけからハイテンション。『SORRY, SORRY』では、ヒチョルの名前の漢字の一部である「希」の文字が入ったドラムセットが登場し、ヒチョル自らドラムを叩いて盛り上げると、5万人の興奮は一気に爆発した。

SUPER JUNIOR
拡大画像表示

ユニットのステージもあり、キュヒョン、リョウク、イェソンから成るSUPER JUNIOR-K.R.Y.が、今月5日にリリースした新曲『JOIN HANDS』を披露。美しい歌声を会場いっぱいに届け会場を爽やかな雰囲気で包むと、ドンへとウニョクから成るSUPER JUNIOR-D&Eが空気を一変。パーティーチューン『Saturday Night』『Oppa, Oppa』をメドレーで披露し、ふたりも会場も“大騒ぎ”。最後にウニョクがドンへにハグをすると、スタジアムに黄色い絶叫が響き渡った。

そして、『Disco Drive』『Wonder Boy』などのメドレーでは、カラフルなスーツに着替えたメンバーが二手に分かれてトロッコに乗り込み、会場を一周。フリスビーを客席に投げ入れるサービスで沸かせ、『BANBINA』で会場を一体にした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング