10歳以上年上の人と付き合うことは、もう珍しくなくなりました。年上の彼は、同世代の男性に比べて収入も高く経済的な余裕があり、人生経験も豊富であることから、精神的にも頼りになるため、年上男性とのお付き合いを考える女性は少なくありません。

しかし10歳以上の年齢差があり結婚した人達の口からは「年の差婚は良いことばかりではない」という言葉が出てきます。恋愛中には考えていなかったことが、今現実として悩みや不安になっているようです。

そこで今回は、10歳以上年上の男性と結婚した人たちに、年の差婚を考える人が恋愛中に覚悟すべきことについて聞いてみました。その中から5つをお伝えします。

やっぱり10歳以上年上彼は頼りになる!年上男性と恋愛して良かったこと

10歳以上歳が離れた彼との恋愛で良いことと言えば「金銭的な余裕」や「精神的に頼りになる」ですが、実際に経験した人はどうだったのでしょうか。

12歳年上の彼と恋愛し結婚したSさんは「デート代は1円も払ったことがないし、デートのたびに欲しいものを買ってくれていた」と話します。

また、10歳年上の彼と恋愛し結婚したMさんも「結婚前に同棲をしていましたが、生活費の全てを彼が出してくれていました」と言いますから、やはり10歳以上も歳が離れていると、それなりの収入があり、男のプライドというものがあるせいか、彼女には払わせたくないという男性が多いようです。

その他には「職場で人間関係に悩んでいた時に、経験多き彼の言葉に救われた」や、「お前は半人前でもいい。俺が1.5人前頑張り、合わせて2人前になればいい」といった心強い言葉を掛けてもらうなど精神面で助けられたといったことも聞こえてきます。

やはり年上の彼を持つと頼りになり、安心感もあるということですね。

でも…いいことばかりじゃない!恋愛中に覚悟しておきたいこと

結婚に年齢差は関係ありませんが、10歳以上歳が離れていると親があまりいい顔をしなかったり、友人からは心配されたりなど、多少なりとも不安な気持ちはあるはずです。

経験者の口からも「年の差婚を考えるなら恋愛中からある程度は覚悟するべきだ」といった声が聞こえてきますが、いったいどんなことを覚悟するべきなのでしょうか。

将来子供が持てないかも・・・という覚悟

個人差はあるものの、女性が妊娠できる年齢はある程度限りがありますが、男性は何歳でも大丈夫と考える人は少なくありません。

しかし男性も歳をとればとるほど不妊になる可能性は高くなります。ですから、結婚後すぐに子供が欲しいと思う人は、恋愛中に不妊検査をし、妊娠しやすい生活習慣を心掛けるなど妊娠を意識した行動が必要です。そして場合によっては子供が持てないかもという覚悟も必要だと経験者は言います。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます