不倫中の男性を本気で好きになると、「離婚してほしい」「自分だけのものになってほしい」という欲が出てきます。

ですが、不倫からの略奪愛は本当に難しく、険しい道のりになるのが現実。

それでも本気で愛を貫きたいと思うとき、どんな覚悟が必要になるのでしょうか。

相手の男性が離婚できる状態かどうか見極める

筆者が知っている、不倫からの略奪愛が成功した例は、ひとつしかありません。

そのふたりは、そもそも既婚男性の夫婦関係がすでに破たんしていて奥さんとは別居中であり、客観的にみても元に戻る可能性は低いだろうと思われました。

これがもし男性の夫婦生活に問題がない状態であり、独身女性との不倫は本当に遊びでしかなかった場合、略奪愛が成功する確率はかなり低くなります。

不倫する男性の中には、「嫁とはうまくいっていなくて」「セックスレスで」など、自分に都合よく嘘をつく人もいます。

その言葉をうのみにして離婚を迫っても、そんな独身女性を負担に感じれば関係を切られて終わりであり、何も残りません。

まず、既婚男性の家庭の状態はどうなっているのか。本当に離婚できそうな気配があるのなら「離婚して堂々と付き合ってほしい」と言えますが、たとえばいつまでも既婚男性の口から出る言葉が同じで、状況は何も変わらない日々が続くのであれば、略奪愛を諦めることも考える必要があります。

離婚できそうなら、ひたすら耐えて待つ

もし、既婚男性も独身女性のことを本気で愛していて離婚する気がある場合、だからといって「早く別れてよ」などと迫ってしまうと逆効果になります。

すんなりと終われば良いですが、財産分与であったり子どものことであったりと、当事者同士にしかわからない大変さや苦しみを避けて通れないのが離婚。

そんなときに独身女性から急かされると、「誰のためにこんな思いをしているんだろう」と既婚男性は感じ、それが独身女性を遠ざけるきっかけになる恐れもあります。

略奪愛が成功した女性は、男性が離婚に踏み切り、別居中の妻と辛抱強く交渉を重ねていくのを、そばでずっと見守っていました。

「ほかに好きな女性ができた」と妻に言ってしまえば、不倫を疑われて慰謝料を請求されるかもしれず、事態がややこしくなることは目に見えていたので、自分の存在はひたすら隠しながら離婚の理由は「けじめをつけたいから」で通すように既婚男性を説得していたのですね。

罪悪感で男性の心が折れそうなときでも、責めるのではなくそばに寄り添って痛みを共有する。

こんな姿勢が、男性にとっては大きな愛情であり、つらいときもふたりで乗り越える気持ちを忘れずにいられたのだと思います。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます