彼氏とは、たとえラブラブな仲であっても他人です。相手に対して気を使わずに、言いたいことを言っていてはすぐにラブラブは消えてしまうでしょう。

その心構えがあるので、ラブラブなカップルの彼女は「ある言葉」を絶対言いません。

次に挙げる言葉は意識して使わないようにしましょう。参考にしてくださいね。

ラブラブなカップルの彼女が決して言わない言葉あれこれ

1.「男のくせに」

男性は男であることに誇りを持っています。いつでも「男らしくありたい」と思っているのに、愛する彼女に「男のくせに、そんなこともできないの?」と言われたら立ち直れません。

そこで彼が「女のくせにそんなことを言うなんて」と応戦的になってしまうことがありますが、そうすると収拾がつかなくなってしまうことも……。

2.「使えない」

人に対して「使える」「使えない」という言い方は「人を利用できるか、できないか」で見ている、冷たい言い回しです。

彼に向かって「わかんないの?使えないー」は絶対やめましょう。「自分にとってあなたは得にならない、自分の手足になって動いてくれないね」と言っているようなもの。品もなく、非常によくありません。

3.「つまんないな」

ラブラブなカップルの彼女が絶対に言わない言葉の最たるものでしょう。あなたが「なんかつまんない」と言った瞬間に彼もつまらなくなり、二人の仲もつまらないものになってしまいます。

たとえやることがなくなっても「つまんないなあ」とは言わないようにしましょう。

「なんか面白いことない?」もNGです。彼にとっては彼女に「ねえ、なんか楽しませてよ」と不満を言われているように思え、自分が「彼女を笑わせるスキルがない、エンターテインメント性がない男」と判定されているように感じるのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます