なぜか、どんなに婚活を頑張っても成果がでない女性っていますよね?婚活時代、実に多くの「頑張っても報われない婚活女子」に遭遇してきました。

彼女たちの傾向を辿ると、どうやら原因は「結婚に向いていない男性を作ってしまう本人」にあるようです。彼女たちは、恋愛にハマると尽くしすぎて飽きられたり、または男性から都合のいいように使われてポイと捨てられてしまいがち。

そもそも彼女たちが男性から愛されない理由は、頑張り方を間違えているから。実は、恋が上手くいかない女性ほど、行動や言動によって男性をどんどんダメにしてしまう傾向があるのです。

では一体、ダメ男に育ててしまう女性にはどのような特徴があるのでしょうか? 今回は、付き合うほど男性をダメにし婚期が遅れてしまいがちな女性を紹介します。

「こんなに尽くしているのに、彼が最近冷たくなったのはなぜ?私、悪いことしたのかしら……」と悩んでいる女性は、要チェックですよ!

「恋をすると脳内お花畑女」が男をダメにする

人を好きになると、頭の中すべてが彼一色になる女性っていますよね?

このようなタイプは、恋人ができるといつも彼のノロケ話ばかり。つい「またノロケちゃって~」と突っ込みたくなるものの、実はこの手のタイプが最も危険です。

もし2人が対等な関係であれば、お互いに良い部分も悪い部分も見えるはず。つまり、正常な関係とはパートナーを褒めることもあれば、ごくたまに愚痴や文句を言うことがあるもの。

しかし、いつもノロケ話ばかりしてしまう女性は、彼を好きすぎるあまり脳内お花畑状態になっています。冷静な判断ができないため、彼が悪いことをしても気づかないことも多いでしょう。

そのため、友人から「そんなクズ男やめた方がいいよ」と忠告されても、「なんでそんなこと言うの?酷い!」と言い返してしまうこともしばしば。たとえ彼が悪さをしても、「彼に限ってそんな訳ない……(本当は嫌われたくないから忠告できない)」と思うあまり注意しません。

そして、男はどんどん調子にのってダメ男になっていきます。もちろん、彼女を大切にしようとはしません。それどころか、何をやっても好きだからと許してくれる彼女に対し、彼は愛情よりも「馬鹿な女」と感じ、どんどんぞんざいに扱うことでしょう。

このままでは、さんざん都合よく弄んだあげくポイ捨てされるのがオチです。

恋にハマりがちな女性が彼をダメにしないコツ

恋をすると彼しか見えなくなってしまう女性は、恋愛以外にも目を向けられるようにしておきましょう。サークル活動など趣味を作ったり、または習いごとや資格取得に向けての勉強などでも構いません。他に目を向けるものを作ることで、彼のことも冷静に俯瞰できるようになります。

さらに、あなたが意欲的に頑張る姿を見て、彼も刺激を受けて「俺も頑張ろう」と思ってもらえたらしめたもの。もし、彼があなたの影響で何かをはじめ出したら、その時は「お互い頑張ろうね」と言って素直に応援してあげましょう。きっと、一緒に切磋琢磨しあって素敵な関係を築けること間違いありません。

または、恋愛日記を毎日書いて改めて読み返してみるのもオススメです。自分の気持ちを書き出して読み返すことで、客観的に自分の恋愛を振り返ることができます。

面倒見いい女気取りはダメなお母さんになってしまうだけ

好きな人ができると、彼のためにと一生懸命尽くす女性っていますよね。しかし、彼に頼まれもしないことまで積極的に尽くしてしまう女性も、ダメ男製造機になりやすい典型的なタイプなので要注意です。

そもそも、男性は基本的に追いかけたい本能がある生き物。そのため、何もしなくても尽くしてくれる女性に対してありがたみを感じようとしません。むしろ、身の回りの世話を無条件にやってくれる女性に対しては、ありがたみよりもお母さんみたいな存在になってしまうことも……。

筆者が婚活をしていた頃も、彼に一生懸命尽くそうとする女性がたくさんいました。彼女たちが彼らの面倒を見ようとする理由は、優しさというよりも「彼を手放したくない」といった下心が強かったように思います。なんでも、自分より少しスペックが上の男性に恋をして、絶対に逃してはいけないからと必死になってしまうのです。

そのため、彼のためにとデートのお店をリサーチして予約したり、手料理を作ったりと奔走します。

でも、このままでは彼もだんだんあなたに何もしようとしなくなり、やがて自分でデートプランすら立てられない男になってしまいます。そこで、もともといい男であれば「このままではやばい」と感じ、彼の方から去ってしまうのです。また、いい男であれば女性の下心ミエミエな態度もすぐ見透かしてしまうため、愛想をつかすのも早いでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます