気になる男性と初デート。女性は身だしなみに人一倍気を遣うと思います。

ですが、男性は女性の身だしなみよりも、態度やしぐさをよく観察しています。場合によっては、「この子、ムリだな」と考えて恋愛対象から外してしまうことも。

せっかくデートにこぎつけたのに、地雷を踏んでしまっては元も子もありません。

絶対に避けてほしいポイントは5つあります。知らずに地雷を踏まないように、チェックしてみてくださいね。

男性がデートで「この子とはもうないな」と考えるポイント

1.愚痴や悪口を話題にする

女性からすれば、悪意なく友人を批判したつもりであっても、男性にとってはものすごく印象が悪くなりやすいです。

話題にした相手が、男性と共通の知り合いなら最悪。「こいつ、腹の底ではこんなこと考えてるのか」と引いてしまい、それ以上関係が発展しない可能性が高くなります。

また、大多数の男性は、女性の話を聞いてあげることが苦手です。中には、「まだ付き合ってもないのに、なんで俺がこんなことしなきゃいけないんだよ」と考える人も。

少なくとも、初デートの場ではデメリットしかありませんから、こういった話題は意識して避けるようにしましょう。

2.食事の食べ方が汚い

たまに若い男性から、初めて会った女性と食事したら一気に恋心がしぼんだという話を聞きます。

食事は、セックスなどと同じように、人間の本能が見える瞬間です。無理して上品に食べる必要はありませんが、きちんとお付き合いをはじめるまでのデートでは「見られている」ことを意識して食事をしたほうがいいでしょう。

3.おごらせて当然という態度が感じられる

初デートの食事代などを男性が支払うと申し出た場合は、男性がおごるのがマナーだと思います。また、申し出がなくても、男性のほうがそれなりに年上の場合、デートの費用は男性が持つべきでしょう。

ですが、そうでなければ、初デートではそれとなく、「私も半額出させてください」といった申し出を忘れないようにしてください。そのような申し出がない場合、男性は「俺、財布がわりにされてんのかな」と考えがちです。

もちろん、最初からおごると伝えられた場合は、支払いを申し出る必要はありません。ただし、その場合は「ごちそうさまでした」というような感謝の言葉を添えるようにしてください。

男性は、女性にしてあげたことが喜ばれると、相手の女性に対して強く好感を抱きます。初デートから一気に恋が加速する可能性もあります。ここは逆にチャンスにして、相手を落としてしまいましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます